MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
京橋 酛(もと)|旬の素材になされた、心憎い足し算と引き算(割烹料理/京橋)

京橋 酛(もと)|旬の素材になされた、心憎い足し算と引き算(割烹料理/京橋)

新橋で6年、人気を集めていた『新橋酛』が京橋に移転した。ゆったりしたカウンターで、おまかせのコースと日本酒を楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》京橋 酛(もと)|旬の素材になされた、心憎い足し算と引き算(割烹料理/京橋)の画像をチェック! navigate_next

京橋 酛|もと(最寄駅:京橋駅)

料理長の上野さんが作る料理は、一品一品に驚きと楽しさがあり、うれしい。たとえば前菜に、北海道産フロマージュブランとピンクペッパーがあしらわれた桃の酒蒸し。焼きなすを太刀魚で包んだ山椒焼きに、炙ったウニが載った一品など。旬の食材を大切にしながら、足し算引き算の加減がいい。ここに寄り添う日本酒を選んでくれるのが店主の鈴木隆之さん。生産者への愛がこもった、明るくも誠実なトークがまた楽しい。

「酛コース」
7000円

北海道産フロマージュブランと桃の酒蒸し・かつお漬けの握り

チーズと桃のやわらかな酸や甘みが日本酒と合う。かつおは勝浦産、ねっとりといい味

焼きなすと太刀魚の山椒焼き、炙りウニ

皮目はパリッとして中はふっくら。ウニは根室産の無添加。石川芋のピュレも添えて

埼玉県産麦豚の炭火焼き

移転の際こだわったのが炭火による火入れ。秋田麹屋さんの喜助味噌、佐賀・柚子胡椒、イビサ島の塩と

「熱意のある若手の造り手の酒が多い」という日本酒は、常時50銘柄60本ほどが揃う

京橋 酛|もと

東京都中央区京橋2-6-13 イーストビル1F ☎03-3567-7888 [営]17時〜23時半(22時半LO) [休]日・祝(不定休あり) [席]カウンター9席、個室6席 計15席/禁煙(店外にて喫煙可)/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄銀座線京橋駅7番出口から徒歩2分、都営浅草線室町駅A5出口から徒歩2分

電話番号 03-3567-7888
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル