MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】卓越の技で、作り上げる、ザ・日本のおかず(和食/恵比寿)

【閉店】卓越の技で、作り上げる、ザ・日本のおかず(和食/恵比寿)

魚の煮付けにアジフライ、卯の花和えに揚げ出し豆腐…。『ごはん処 みづき』で提供するのは、日本人なら誰もがほっとする和のお惣菜だ。※ランチタイム有

※閉店※みづき(最寄駅:恵比寿駅)

店主の中山孝太郎さんは一流店で腕を磨いた料理人だが、「ハレの料理ではなく、日々食べ続けてもらえるような家庭的な料理を作りたくて」と微笑む。だが素材や調理法へのこだわりは一流のそれ。魚介はすべて天然物。出汁はたっぷりの真昆布で奥深い味わいに仕上げる。数時間炊き込む煮物もあれば、ぬか漬けも自家製。手間暇惜しまず作り上げるのだ。昼も夜も小鉢付きの定食で味わえて、夜は単品を肴に1杯もよし。使い勝手の良さも抜群だ。

夜の定食「天然ひらめと豆腐のお煮付け」
1380円

天然ひらめを煮付けにするなんて何とも贅沢だが、濃厚な旨みは格別。小鉢、ぬか漬け、ご飯、味噌汁が付いてこの値段は驚き

塩豚とかぶの煮もの
780円

夜の一品料理は約30~35種類。こうした季節の単品を2~3種頼み、しっぽり杯を傾けるひとり客(女性も含め)も多いという

「夜は飲む方が多いですよ」と中山さん。日本酒は純米の味わい系が中心。メニュー以外にも揃えているので声掛けを

※閉店※みづき

東京都渋谷区恵比寿1-26-13 ☎03-3280-3456 [営]11 時半~23時半LO [休]不定休 [席]カウンター5席、テーブル24席 計29席/昼のみ禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみお通し300円(定食オーダーの場合はなし) [交]JR恵比寿駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3280-3456
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
211views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt