MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
アカベコ|長屋を改装したモダンなコの字で味わう肉おでん(日本酒バー/中目黒)

アカベコ|長屋を改装したモダンなコの字で味わう肉おでん(日本酒バー/中目黒)

目指すは気軽に入れる「ネオ大衆酒場」。だからこそ店も料理も普通じゃつまらない。

perm_media 《画像ギャラリー》アカベコ|長屋を改装したモダンなコの字で味わう肉おでん(日本酒バー/中目黒)の画像をチェック! navigate_next

アカベコ(最寄駅:中目黒駅)

そんな発想から、昭和初期に建てられた長屋店舗をコの字酒場に改装し、イタリア伝統の茹で肉料理からヒントを得た肉おでんと牛タンを看板メニューにした。肉おでんは牛ほほ肉など塊肉を香味野菜と煮込み、味付けは塩のみの潔さ。炭火で焼く牛タンもそのシンプルな旨さに唸る。佐賀を中心に揃えた日本酒や名物のレモンサワーと共に味わいたい。

コの字カウンターは外から見えて入りやすい雰囲気。料理はほかに刺身など豊富

肉おでんおまかせ盛り合わせ
1296円

牛ほほ肉や、銘柄豚「上州せせらぎポーク」の豚バラ肉はホロホロと崩れるようにやわらかい。旬の野菜は別炊きして仕込んでいる

牛タン炭火焼 / ゆでタン

トロ牛タン炭火焼(100g)1026円
厚切りの牛タンは旨みを引き出すよう塩コショウのみの味付け。サックリと噛み切れる。

とろけるゆでタン 756円
銘柄豚「京都ぽーく」のタンを使う「ゆでタン」はおでんのダシとネギと共に食す

アカベコ

[住所]東京都目黒区上目黒2-12-3 [TEL]03-5794-8283 [営]18時~24時(23時LO) [休]不定休 [席]1階カウンター20席、2階カウンター席など20席、計40席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し432円別 [交]東急東横線ほか中目黒駅東口から徒歩3分

電話番号 03-5794-8283
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店内には芋、麦、米、黒糖、泡盛、さらに蕎麦や紫蘇、栗などのちょっと珍しい原料も含めた本格焼酎が揃う。で、3240円で時間無制限、セルフで好きな飲み方で自由に飲み比べが可能だ。
奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。
おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。中目黒『ばん』の血を引く店。
おとなの週末「ハムカツで呑む!」特集掲載店舗「駿 (シュン)」。鶏料理をメインとする居酒屋で、3種あるハムカツも大人気。[交]JR新橋駅より徒歩 ※ランチタイム有
1階はカウンターのみ、2階はテーブル席が広がる「Cafe Bar Banda (カフェバーバンダ)」は店名である『万朶』に因んで、店で出す器は桜などの花が描かれた益子焼が多く揃っている。[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル