MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「鮨なかがわ」の職人技が光る寿司と逸品料理(寿司/錦糸町)

「鮨なかがわ」の職人技が光る寿司と逸品料理(寿司/錦糸町)

「鮨なかがわ」のメニューはその日のおまかせコースのみ。つまみとにぎりの両方を最後まで均等に楽しめるよう、酒のアテの合間に絶妙なタイミングでにぎりを織り交ぜてくれる。[交]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩8分

鮨なかがわ(最寄駅:錦糸町駅)

風味豊かな赤酢のシャリは粒が大きく艶のある佐賀の米を使用。一つひとつ丁寧に仕込まれたつまみは、エビやカニのダシで作った茶碗蒸しやミニイクラ丼など品数の多さも評判だ。昆布や酒などで漬け込んだ自家製明太子は、ひと腹756円で手土産にもできる。

おまかせコース
8640円

おまかせコースのにぎり。最低10貫以上は提供する。写真は北海道産の生ウニや、コクのある肝を添えたサンマ、包丁を入れて歯切れよくしたブリなど

つまみはあん肝など酒のアテにピッタリの味わいから、ミニイクラ丼まで多彩

コハダ
270円

佐賀県産のコハダ。小ぶりなものを選び、塩でしっかり味を引き締めた後、酢で洗う程度で仕上げる。爽やかな酸味が後を引く

鮨なかがわ

東京都墨田区太平1-22-1  ☎03-6284-1988 [営]17時半~22時半 [休]日、祝は不定休 [席]カウンター6席(座敷もあるが現在はカウンター席のみ利用)、計6席/全席禁煙/予約が望ましい/カード不可/サなし [交]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6284-1988
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt