MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

銀座の寿司店「すし晴海」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。日本料理の名店「銀座小十」がプロデュース。心地よい緊張感に包まれた空間で、小十の洗練された料理と寿司がコース仕立てで楽しめる。すし 晴海 (スシ ハルミ)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分けるの画像をチェック! navigate_next

すし晴海(最寄駅:銀座駅)

まず付き出し2品から始まり、焼き物、にぎり、デザートなど充実の内容。シャリは個々の客の来店時間に合わせて羽釜で炊き、目の前ですし酢と混ぜて仕上げる。マグロなどしっかりした味の魚は赤酢、淡泊な白身は白酢と、ネタによって使い分けるのもこだわりだ。そんな妥協を許さない仕事の一つひとつが、銀座で寿司を味わう特別感に浸らせてくれる。

おまかせコース
10800円

おまかせコースのにぎり10貫(上)。赤酢と白酢を使い分けるシャリは、風味を生かすため炊き立てにこだわり、前菜を終えてにぎりを供するころにちょうど酢が馴染むよう準備。

コースの料理(左)は、ダシの旨みで仕上げた「焼き立てだし巻き卵」など「銀座小十」仕込みの和食だ

車エビ
1080円

大分産の天然車エビ。活きたまま茹でて甘みを引き出す

穴子
648円

穴子は長崎・対馬産。ふんわり香ばしく炭火で炙る

すし晴海の店舗情報

東京都中央区銀座7-6-19ソワレ・ド・銀座弥生ビル4階 ☎03-6228-5424 [営]17時半~22時(最終入店) [休]日、祝は不定休 [席]カウンター10席、計10席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩5分

電話番号 03-6228-5424
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル