MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

湿気の多い名古屋の夏はジメジメ。じっとしていても汗が噴き出してくる始末。日によっては沖縄よりも気温が高いこともあるので本当にイヤになる。こんな暑い日は「きしころ」に限る。えっ、それは何かって!?きしめんの「ころ」の略に決まっているではないか……。

名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。/名古屋エリア限定グルメ情報(4)

 あ゛~っ、暑い。
 湿気の多い名古屋の夏はジメジメ。じっとしていても汗が噴き出してくる始末。日によっては沖縄よりも気温が高いこともあるので本当にイヤになる。こんな暑い日は「きしころ」に限る。
 えっ、それは何かって!? きしめんの「ころ」の略に決まっているではないか。ナニ?「ころ」の意味がわからないって!?

「ころ」は、地元の名古屋でもよく「冷やかけ」や「冷やしぶっかけ」などの冷たい麺にたとえられる。
 実際に麺もつゆもキリッと冷えたものを出す店も多いが、実は正しくない。
 なかには常温に近い温度で出す店もあるのだ。今でこそ少数派だが、冷蔵庫がなかったころは、これがスタンダードだったのだろう。だから、「ころ」とは、「温かくない麺」ということになる。

 その語源だが、冷たくても香りの立った、濃いめのつゆを使うことから、「香露(こうろ)」が訛ったものという説もある。「香露」という洒落た表現と名古屋を代表する大衆グルメであるきしめんとあまりにもかけ離れすぎている(笑)。
 きしめんを1ランク上の、格式高いものにせんがために、「後付け」したのだろうと思う。


 東区泉の『みそ煮込みの角丸』の三代目店主で愛知県東麺類組合会長の日比野宏紀さんによると、
「『きしころ』の『ころ』は、石ころやさいころ、あんころ餅のように、小さいものや丸いものを指すときに使う『ころ』と同じ意味だと思います。麺はひと玉、ふた玉と数えますしね」とのこと。



 これが『みそ煮込みの角丸』の「きしころ」(680円)。
 麺とつゆが冷たいだけで、温かい「かけきしめん」とビジュアルはまったく同じ。
 きしめんの麺やつゆについては、いずれ詳しく紹介するが、冷たくてもパンチのあるダシの味と香りが楽しめるのが「きしころ」の醍醐味だろう。

 店によっては、浅めの器に盛られたきしめんに濃いめのつゆをかけて食べるスタイルの「きしころ」もあり、それはそれで旨い。ある程度は定義しているものの、絶対にこうでなければならないというルールはない。

 このユルさもまた名古屋めしの楽しさだ。




 そんな「きしころ」の美味しさを再認識してもらおうと、愛知県東麺類組合が中心となって、市内外の麺類食堂42店舗による「第3回きしころスタンプラリー」を開催している。8月31日(木)まで、5店舗食べ歩くごとに500円の金券が進呈される。
 このイベントのために考案した限定メニューを出す店もあるそうなので、いろんな味を楽しんでみてはいかがだろうか?


みそ煮込みの角丸
愛知県名古屋市東区泉1-18-33/☎052-971-2068/[営]11時~19時半(土は11時~14時)/[休]日、祝/交地下鉄桜通線ほか久屋大通駅1B出口から徒歩5分

第3回きしころスタンプラリー
http://www.aichi-udonsoba.com/2017年きしころスタンプラリー開催!!/




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt