MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事

「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事

日本ハンバーグ協会が主催する全国大会で、見事金賞を獲得したのがこの「デミグラスハンバーグ」だ! パテのベースとなるのは、オーソドックスな牛と豚の合挽き肉。ここにごく細かく挽いた牛タンを加えるのがこの店ならでは。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

キッチン ハセガワ(最寄駅:神泉駅)

グランプリ金賞!ふっくらジューシー牛タン入りのパテ

ふっくら感と共に味に奥行きを出している。タマネギやニンジンなどの野菜の甘みを活かしたデミグラスとの相性も抜群だ。メニューのほとんどをハーフサイズで注文できるので、和風やBBQソースハンバーグとの合わせ技で味わうのもいい。

デミグラスハンバーグ
980円※ライス・サラダ・スープ・デザート付(チーズトッピング+150円)

フライパンで表面を焼き固めた後、オーブンでじっくり火を通すことで、厚みのあるふっくらとした仕上がりとなる。チーズトッピングがオススメだ

ハーフ&ハーフBBQハンバーグ
490円&チキンピカタ480円

リンゴを使用するBBQソースはフレッシュな甘みがあり、粒マスタードの酸味とよく合う。衣はカリッと香ばしく焼かれ、デミトマトソースでいただくチキンピカタも人気メニュー

ココが違う!旨さの秘訣。

牛タンのコク深いパテに加える2種のタマネギ
牛タンのミンチは食感ではなく、ごく細かく挽くことでコクとジューシーさの素として練り込んでいる。さらにパテにはソテーしたタマネギと、生のタマネギを加えて甘みと食感をプラスしている

[その他のメニュー]
和風ハンバーグ980円、チキンソテー960円、ソースチキンカツ960円、ガーリックバターチキン960円、ポークステーキ1200円、ジンジャーポークステーキ1200円、ポークピカタ1200円、ポークカツ1200円など

キッチン ハセガワの関連記事

キッチン ハセガワ

東京都渋谷区円山町22-16 ☎03-6416-1081 [営]12時〜食材が無くなり次第終了 [休]不定休 [席]カウンター9席、テーブル4席×4卓 計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線神泉駅南口から徒歩2分

電話番号 03-6416-1081
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
口に運んだ瞬間の衝撃! 弾力のある粗挽き牛肉のコクがギュギュッとしみ出し、香ばしい焦げ目から濃厚な肉汁があふれ出す。
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル