MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事

「キッチン ハセガワ(渋谷)」の「ハンバーグ」のグルメ記事

日本ハンバーグ協会が主催する全国大会で、見事金賞を獲得したのがこの「デミグラスハンバーグ」だ! パテのベースとなるのは、オーソドックスな牛と豚の合挽き肉。ここにごく細かく挽いた牛タンを加えるのがこの店ならでは。※ランチタイム有

キッチン ハセガワ(最寄駅:神泉駅)

グランプリ金賞!ふっくらジューシー牛タン入りのパテ

ふっくら感と共に味に奥行きを出している。タマネギやニンジンなどの野菜の甘みを活かしたデミグラスとの相性も抜群だ。メニューのほとんどをハーフサイズで注文できるので、和風やBBQソースハンバーグとの合わせ技で味わうのもいい。

デミグラスハンバーグ
980円※ライス・サラダ・スープ・デザート付(チーズトッピング+150円)

フライパンで表面を焼き固めた後、オーブンでじっくり火を通すことで、厚みのあるふっくらとした仕上がりとなる。チーズトッピングがオススメだ

ハーフ&ハーフBBQハンバーグ
490円&チキンピカタ480円

リンゴを使用するBBQソースはフレッシュな甘みがあり、粒マスタードの酸味とよく合う。衣はカリッと香ばしく焼かれ、デミトマトソースでいただくチキンピカタも人気メニュー

ココが違う!旨さの秘訣。

牛タンのコク深いパテに加える2種のタマネギ
牛タンのミンチは食感ではなく、ごく細かく挽くことでコクとジューシーさの素として練り込んでいる。さらにパテにはソテーしたタマネギと、生のタマネギを加えて甘みと食感をプラスしている

[その他のメニュー]
和風ハンバーグ980円、チキンソテー960円、ソースチキンカツ960円、ガーリックバターチキン960円、ポークステーキ1200円、ジンジャーポークステーキ1200円、ポークピカタ1200円、ポークカツ1200円など

キッチン ハセガワの関連記事

キッチン ハセガワ

東京都渋谷区円山町22-16 ☎03-6416-1081 [営]12時〜食材が無くなり次第終了 [休]不定休 [席]カウンター9席、テーブル4席×4卓 計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線神泉駅南口から徒歩2分

電話番号 03-6416-1081
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt