MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
浅草グリルバーグ(ハンバーグ/田原町)|肉の旨みと甘みを増幅させる塩麹

浅草グリルバーグ(ハンバーグ/田原町)|肉の旨みと甘みを増幅させる塩麹

田原町エリアにあるハンバーグ店「浅草グリルバーグ」のグルメ記事と写真のページ。ハンバーグのパテに使用するのはスネとショルダーを中心としたカナダ産ビーフ。つなぎはほとんど加えず、代わりに練り込むのが老舗蔵元から届く塩麹だ。※ランチタイム有

浅草グリルバーグ(最寄駅:田原町駅)

毎朝その日に使用するミンチ肉に塩麹を合わせてから熟成させること数時間。牛肉の臭みは消え、旨みと甘みを最大限に膨らませてくれる。さらにソースにも独自の工夫を凝らす。デミグラスソースには八丁味噌を、トマトソースには昆布ダシを用いて日本人の舌になじむ味わいに。合鴨農法で育てられたふっくらご飯のすすむこと!※ディナーはいずれもライス・スープ・サラダ付きセットで+680円 

手ごねグリルバーグ
900円(ランチはセットで900円)

粗挽きと細挽きの2種類をブレンドして食感が残りつつもジューシー。塩麹の作用で牛肉の風味はしっかりと感じられるが、あっさりといただける

季節野菜トマトソースリッチバーグ
1000円(ランチはセットで1000円)

ホールトマトをベースに角切りにした野菜をたっぷり煮込む。まろやかな酸味がハンバーグを引き立てる

デミリッチバーグ
1000円(ランチはセットで1000円)

牛スジでダシをとり、八丁味噌を加えたソースは深いコクがある

[その他のメニュー]
ホワイトクリームリッチバーグ1180円、ジンジャーリッチバーグ1180円(共にランチはセットで980円)

浅草グリルバーグの関連記事

浅草グリルバーグ

■『浅草グリルバーグ』
[移転後の住所]東京都台東区雷門1-7-7 [移転前の住所]東京都台東区寿2-2-9 アゴーラ・プレイス浅草 1階
[TEL]03-6802-7565
[営業時間]11時~15時、17時~22時半(21時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時〜22時(21時LO)
[休日]不定休
[座席]34席(テーブル:20席、カウンター:10席、テラス:4席)
[アクセス]東京メトロ銀座線田原町・浅草駅より徒歩約3分

電話番号 03-6802-7565
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt