MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
YAKITORI 葵|飲んでるワインに合わせながら一本ずつぴったりの焼き鳥を(焼き鳥/神楽坂)

YAKITORI 葵|飲んでるワインに合わせながら一本ずつぴったりの焼き鳥を(焼き鳥/神楽坂)

神楽坂路地裏の落ち着いたエリア。ビストロやバルが多い土地柄だが、「和の焼き鳥とワインを合わせる楽しみを」と開店。

perm_media 《画像ギャラリー》YAKITORI 葵|飲んでるワインに合わせながら一本ずつぴったりの焼き鳥を(焼き鳥/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

YAKITORI 葵(最寄駅:飯田橋駅)

内臓は臭みがなく味の濃い比内地鶏、肉はふっくらとして鮮度の高い大山鶏を使用。お客さんが飲んでる様子に合わせて1本ずつ供される。ワインは塩焼きに絞るレモン代わりに柑橘系の白を合わせたり、自慢のタレにはピノを合わせたり、詳しくなくてもわかりやすい、産地の個性が出たものをすすめてくれる。

レバー、はつ、ささみさび焼、赤茄子、チェリートマト、金針菜
280円、250円、280円、230円、230円、220円

レバー、はつ、ささみさび焼、いずれも焼き鳥の基本となる串だがこれが旨い。砂糖やみりんを入れずに甘口醤油をベースにしたキレのあるタレ、甘みも感じるパキスタンの岩塩などにもこだわりが。特に臭みがなくレア気味で味わうレバーは◎

白レバーのムース
780円

白レバーのムースには添えられたハチミツをぜひ合わせて。

季節の野菜のテリーヌ
880円

鶏ダシが利いたベースに10種類の野菜が閉じ込められていて、ワインと好相性!

エイリアス カリフォルニア・ピノ・ノワール 2014(赤)
ボトル 4800円

おおらかなカリフォルニアのピノ。タレと幅広く楽しめる。

モンテリー / ドメーヌ・ポチネ・アンポー 2009(赤)
ボトル 10000円

マイナーな産地ながら、いい年のブルゴーニュ。繊細さが鶏肉とよく合う

YAKITORI 葵

■YAKITORI 葵
[住所]東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂B1
[TEL]03-6457-5974
[営業時間]17時〜23時半
[休日]日・祝
[座席]カウンター8席、テーブル席14席 計22席/分煙/予約可/カード可/お通し400円
[アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分

電話番号 03-6457-5974
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル