MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
YAKITORI 葵|飲んでるワインに合わせながら一本ずつぴったりの焼き鳥を(焼き鳥/神楽坂)

YAKITORI 葵|飲んでるワインに合わせながら一本ずつぴったりの焼き鳥を(焼き鳥/神楽坂)

神楽坂路地裏の落ち着いたエリア。ビストロやバルが多い土地柄だが、「和の焼き鳥とワインを合わせる楽しみを」と開店。

YAKITORI 葵(最寄駅:飯田橋駅)

内臓は臭みがなく味の濃い比内地鶏、肉はふっくらとして鮮度の高い大山鶏を使用。お客さんが飲んでる様子に合わせて1本ずつ供される。ワインは塩焼きに絞るレモン代わりに柑橘系の白を合わせたり、自慢のタレにはピノを合わせたり、詳しくなくてもわかりやすい、産地の個性が出たものをすすめてくれる。

レバー、はつ、ささみさび焼、赤茄子、チェリートマト、金針菜
280円、250円、280円、230円、230円、220円

レバー、はつ、ささみさび焼、いずれも焼き鳥の基本となる串だがこれが旨い。砂糖やみりんを入れずに甘口醤油をベースにしたキレのあるタレ、甘みも感じるパキスタンの岩塩などにもこだわりが。特に臭みがなくレア気味で味わうレバーは◎

白レバーのムース
780円

白レバーのムースには添えられたハチミツをぜひ合わせて。

季節の野菜のテリーヌ
880円

鶏ダシが利いたベースに10種類の野菜が閉じ込められていて、ワインと好相性!

エイリアス カリフォルニア・ピノ・ノワール 2014(赤)
ボトル 4800円

おおらかなカリフォルニアのピノ。タレと幅広く楽しめる。

モンテリー / ドメーヌ・ポチネ・アンポー 2009(赤)
ボトル 10000円

マイナーな産地ながら、いい年のブルゴーニュ。繊細さが鶏肉とよく合う

YAKITORI 葵

■YAKITORI 葵
[住所]東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂B1
[TEL]03-6457-5974
[営業時間]17時〜23時半
[休日]日・祝
[座席]カウンター8席、テーブル席14席 計22席/分煙/予約可/カード可/お通し400円
[アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分

電話番号 03-6457-5974
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt