MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
TAKOYAKI DINING 8864|とろ熱のたこ焼きを冷たいワインで(ワインバー/新橋)

TAKOYAKI DINING 8864|とろ熱のたこ焼きを冷たいワインで(ワインバー/新橋)

焼き置きは一切なし、注文が入ってからじっくり焼くたこ焼きは、関東ではかなり珍しい「あぶらかす」入り。あぶらかすとは、牛のホルモンを低温で素揚げしたもの。

perm_media 《画像ギャラリー》TAKOYAKI DINING 8864|とろ熱のたこ焼きを冷たいワインで(ワインバー/新橋)の画像をチェック! navigate_next

TAKOYAKI DINING 8864(最寄駅:新橋駅)

名のイメージと違い高級食材で、独特のコクが出るため1度食べたら他のたこ焼きでは物足りなくなるはず。おやつというより立派な一品料理である。ワインはスパークリングから白・赤とボトルの提供が充実。たこ焼き以外にも手の込んだフードが多く、腰をすえて楽しみたい。

ソースと素焼きのたこ焼き
各540円

たこ焼きは素焼き、しお、ゆずポン酢、土佐醤油、きざみわさび、ソース、だしと7種類を楽しめる。トッピングも可能。

かすうどん(とろろ昆布入り)
756円

あぶらかす入り「かすうどん」。脂の旨みがあっさりしたダシに溶けこみ、くどくないのにクセになる味。必食!

風の谷のナゲット
486円

大葉がたっぷり練りこまれ、さわやかでいくらでもつまめる「風の谷のナゲット」。手作りの一品が多く、うどんの他に〆のご飯ものも充実している

カーニヴォ(赤)
ボトル 4860円

「黒ワイン」とも言われるほど濃厚な色合いの赤は、王道のソース味のたこ焼きに。8864のたこ焼きは生地に下味がしっかり付いているため、スパイシーなソースとマヨネーズのパンチにもぴったり。

TAKOYAKI DINING 8864

東京都港区新橋5-10-8 カルチャーセンタービル 1階 ☎03-6450-1393 [営]月~金17時~翌3時、土~22時半[休]不定休 [席]カウンター6席、4席×3卓、2席×1卓 計20席/全席喫煙可/カード不可/予約可 お通し324円別 [交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩7分

電話番号 03-6450-1393
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル