MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
積善館(旅館/四万温泉)|文化財登録の湯屋とヘルシー会席を心ゆくまで堪能

積善館(旅館/四万温泉)|文化財登録の湯屋とヘルシー会席を心ゆくまで堪能

 積善館の魅力は建築美と泉質。本館、山荘、佳松亭の3つの建物からなり、最も古い本館は元禄4年建築。

積善館(最寄駅:中之条駅)

文化財に登録された現存する最古の湯宿は、建築に詳しくなくても見応え十分だ。 歴史的価値の高いこの本館は1泊2食7000円台〜。ただし湯治風の滞在が基本、食事はお弁当形式。そこで今回は宿が提案するプランを利用して料理をグレードアップし、会席料理を味わう滞在をおすすめする。 料理のテーマは「湯食同源」。野菜やヘルシー素材をたっぷり使い、朝食では“入って効き、飲んで効く”と言われる源泉で炊いた、ほんのり塩味が効いた「飲泉大根粥」も味わえる。 大正ロマネスク様式の「元禄の湯」のほか、5カ所の風呂が利用できるが、すべての湯船に川底から湧く自家源泉が注がれている。体の内から外から、温泉のパワーを実感できるはずだ。

1泊2食
12500円~(宿のプラン利用)

佳松亭のラウンジで会席料理を味わうプラン。お造りや上州牛の陶板焼きなど全12品。野菜やこんにゃくなどヘルシーな食材を使いながらも食べ応えがある

積善館

群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236 ☎0279-64-2101 チェックイン14時〜18時/アウト10時 1泊2食12500円〜(会席プラン。お弁当の湯治プランは7000円〜)※休前日3000円〜増 [交]【電車】JR吾妻線中之条町からバスで約40分 【車】関越自動車道渋川伊香保ICから約25分 ※日帰り入浴あり(1200円(税込)。10時〜16時)

電話番号 0279-64-2101
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt