SNSで最新情報をチェック

晩酌にワイン……会社帰りに軽~く一杯なんてものぴったりとなれば、立ち呑みワインなんてのは実にいい。 さてその立ち呑みワインだが、飲み屋の多い中央線沿線に対抗するかのように、蒲田にも店が増え、多くの酔客を楽しませているという。 果たして、どちらが聖地なのか!?歩いて飲んで検証してみた! まずはニューカマー《蒲田》!

画像ギャラリー

立ち飲みバル FUKURO(最寄駅:蒲田駅)

北海道白貝のワイン蒸し、蝦夷鹿の生ハム

各650円

東京都大田区蒲田5-6-7 月村マンションNo23 1階
☎03-6424-5724
[営]15時半~23時LO
[休]無休

いわゆるワイン……普通の赤・白であるスティルワイン(350円~)やスパークリングワイン(500円~)はもちろん、フォーティファイドワインのシェリー(400円~)を圧倒的に揃える立ち飲みバル。さらにここでしか飲めない大田区初の樽生クラフトビール『蒲田エール(IPA)』(グラス650円)も味わえる。

【閉店】バル・バンチョ(最寄駅:蒲田駅)

おつまみキャベツナムル

100円

蒲田のイモ野郎

320円

東京都大田区蒲田4-6-7 Kビル1階
☎03-5714-0603
[営]18時~翌2時
[休]無休

京急蒲田駅のすぐ近くで、強烈な盛り上がりを見せている立ち呑みバル。グラスワインは320円から、そして料理も20時までのハッピーアワーなら100円の皿(ひとりひと皿)が登場という驚愕のコスパ。

ピザランド(最寄駅:蒲田駅)

ナポレターナ

500円

東京都大田区西蒲田7-63-1 1階
☎03-5714-5448
[営]17時~翌1時
[休]無休

店名通り売りはごく一部をのぞいてオール500円ワンコインのピザ! グラスワインは380円からあるが、注目したいのは、グラス500円、ボトル3800円からある日本ワイン(勝沼醸造!)のラインナップ。甲州シュール・リーもこの店ならカパカパいける!

蒲田VS中央線 立飲みワイン【中央線編】はこちら!

晩酌にワイン…会社帰りに軽~く一杯なんてものぴったりとなれば、立ち呑みワインなんてのは実にいい。さてその立ち呑みワインだが、飲み屋の多い中央線沿線に対抗するかのように、蒲田にも店が増えているという。果たして、どちらが聖地なのか!?歩いて飲んで検証してみた!まずは阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪《中央線》!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...