SNSで最新情報をチェック

飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6

画像ギャラリー

芊品香 別館(せんぴんしゃん)(最寄駅:飯田橋駅)

トロリと滴り落ちる肉汁とゴマの香りに感服する「棒餃子」
キャベツやニラなどの野菜は手切りし、食感を残すことも大切にしている。箸でつかむと肉汁がこぼれるが、口に入れた瞬間にジュースのように溢れ出すことに驚くはず。皮についたゴマのパリッとした食感と香りも食欲をそそる。 山椒や香辛料類はすべて本場四川で仕入れており、化学調味料などは一切不使用。ホテルのレストランなどで研鑽を積んだシェフが腕をふるう本格的な四川料理もぜひ堪能したい。

名物の鉄鍋の胡麻棒餃子

626円

別館名物本場四川正統派汁なし担々麺

950円

芊品香 別館の店舗情報

[住所]東京都千代田区富士見1-7-6 [TEL]03-6261-7988 [営業時間]11時半~15時半(15時LO)、17時半~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]1階:カウンター5席、2席×2卓、4席×2卓 2階座敷:4席×6卓 計41席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し別270円 [交通アクセス]JR総武線飯田橋駅西口から徒歩3分

電話番号 03-6261-7988

2017年9号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...