SNSで最新情報をチェック

「錦糸町」は、世界の料理が集まる多国籍なグルメエリア。そこで、食で世界一周気分を味わえるかどうか食べ歩いてきました!

画像ギャラリー

各国の人々が行き交い、ここではみんな異邦人

まず向かったのはロシア料理の『SKAZKA(スカズカ)』

写真の「ニシンのマリネ」(1134円)、「ロシア風水餃子」(972円〜)などを注文。
やさしい味わいにこれがロシアの”おふくろの味”なのではと思う。美味しいだけでなく温かみがある料理を堪能。

 その裏手にあるのがルーマニア料理の『LA MIHAI(ラ・ミハイ)』だ。

写真の「人気三種のいいとこ取りプレート」(1500円)は、「いんげん豆のたたき」、「たらこのペースト」と通常は「フェタチーズ」が盛られるが、これをホール担当のユリアさんに「ルーマニアポテトサラダ」に変えたい旨を伝えると快く聞いてくれた。
ポテサラはピクルスや玉子、鶏肉など具沢山で食感も楽しい。「いんげん豆のたたき」は、なめらかなペースト状でニンニクが利き、斬新な味わいだ。

 締めは日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』へ、アルゼンチン料理を目当てに向かった。

写真の「エントラーニャ・ギサーダ」(1069円)は牛ハラミをトマトと長ネギで煮込んだアルゼンチンの郷土料理。濃縮された肉や野菜のエキスが旨い。
パイ包み焼きの「エンパナーダ」(421円)の具材は、定番の挽き肉のほか、オリジナルのきのこクリームもあるのがいい。

 バングラディシュのカレーが日替わりで楽しめる『アジアカレーハウス』、ハラール系の中華料理店の『東とうきょうムスリムはんてん京穆斯林飯店』では超柔らかでスパイスが利き、ジューシーな「羊スペアリブのスペイン焼」(小・1980円)に舌鼓。
行けたのは東欧から南米までだったが、愉快な食旅を錦糸町で満喫できた。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...