MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
嘉一(そば/浜松町)|柚子切りが入る「三色もり」の食べ比べが楽しい

嘉一(そば/浜松町)|柚子切りが入る「三色もり」の食べ比べが楽しい

 変わり蕎麦を得意とする店の中でも、とりわけここの柚子切りはいい。高知産の柚子の皮のみをペースト状にし、きめ細やかな更科粉にたっぷりと打ち込んだその姿は、自然のままの黄色が目にも鮮やかだ。

perm_media 《画像ギャラリー》嘉一(そば/浜松町)|柚子切りが入る「三色もり」の食べ比べが楽しいの画像をチェック! navigate_next

嘉一(最寄駅:浜松町駅)

「これだけ多くの柚子を使うのはあまりないんじゃないかな」と店主の高塚さんが胸を張る通り、手繰ればふわっと広がる柑橘の香りが実に爽やか。冬の収穫時にまとめて柚子を仕込み、徹底した管理で保存しているのでほぼ年間を通じて味わえる。北海道を主体に各地から吟味した蕎麦粉を二八で打つせいろ、野趣あふれる太打ちの田舎とセットになった「三色もり」で、ぜひ食べ比べを。

三色もり
1300円

北海道のほか茨城、福島などから仕入れた蕎麦粉を使い、職人が毎朝手打ちする。更科に打ち込んだ柚子切り、繊細な香りのせいろ、噛むほどに味わい深い田舎の食べ比べは店の名物。11月下旬ごろからは新柚子を使うので、よりフレッシュな香りを愉しめる。まずは薬味を使わずにそのまま風味を味わうのがおすすめ。つゆには鰹節、宗田節、利尻昆布のダシを使う

とちお油揚
700円

大判の油揚げにネギと鰹節がてんこ盛り。生姜醤油でいただく。夜はほかにも鮮魚の刺身などの料理が豊富に揃う

大海老天ぷらそば
1300円

温かいかけ蕎麦と別盛りで供される天ぷらは大エビが2尾も入って大満足。コクのある胡麻油とコーン油をブレンドした油でカラッと揚げる。野菜はカボチャなど3品

出汁巻き玉子焼
950円

玉子焼専用の特製ダシを入れて、味わい深く。しっとりやわらかい

嘉一

[住所]東京都港区浜松町2-1-16 svaxⅡビル1階 [TEL]03-5777-1212 [営業時間]11時半~14時、17時~22時半(21時40分頃LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]テーブル24席、個室最大8名、計32席/昼は全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サ8%(消費税分として)、夜のみお通し500円別 [交通アクセス]都営大江戸線大門駅A1出口から徒歩2分、JR山手線ほか浜松町駅北口から徒歩3分

電話番号 03-5777-1212
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル