SNSで最新情報をチェック

グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階

画像ギャラリー

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ(最寄駅:大手町駅)

本場の味を種類豊富にランチでお得に楽しめる
主菜は3種から選べ、作りたてが運ばれる。パンダンリーフ(※)が香る「シンガポールチキンライス」、濃厚な魚介スープの旨みを堪能できる「シンガポールラクサ」。そして、日替わりのアジアンランチ。シンガポール出身のシェフが作る本場の味は、どれもホテルメイドらしい上品な美味しさだ。 ブッフェに並ぶのはイギリス、中国、マレーシア、インドの食文化が交差するシンガポールらしい多国籍料理。初めて出合う料理もぜひ気軽に楽しみたい。
※東南アジアの料理に欠かせない、甘い香りのするハーブの一種

ブッフェ

大人1名3240円

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ

[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階 [TEL]03-6268-0910 [営業時間]11時半~15時(ブッフェは14時最終入店、ブッフェ以外のアラカルトは14時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]テーブル64席、テラス10席、計74席 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか大手町駅C6a出口より徒歩3分

電話番号 03-6268-0910

2018年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...