MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)

生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)

 普通の主婦が一念発起。蕎麦店で働きながら資金を集め、名人の師匠のもとで勉強して独立を果たしたのは今から10年前のことだ。「女性らしい優しい蕎麦とよく言われます。蕎麦は打つ人で味が変わるもの。男性とはまた違う力加減やのし方で作る味を優しいと表現されるのはうれしい」と話す店主の御供さん。

perm_media 《画像ギャラリー》生粉打ち 花乃蕎麦|香り豊かな十割せいろを親子とじのつゆで(そば/人形町)の画像をチェック! navigate_next

生粉打ち 花乃蕎麦(最寄駅:人形町駅)

十割にこだわり、アルカリイオン水で打つ蕎麦はしなやかなコシと清々しい香りだ。 おすすめは鶏肉と野菜を甘辛く煮て卵でとじたつけ汁で味わう「親子とじせいろ」。その旨さもさることながら、「生粉打ち(十割)にこだわり続けたい。だからめげないよう店名にして気合いを入れてるんです」とはにかむ彼女の懸命な姿勢も、この店が愛される所以だろう。

親子とじせいろ(二段盛り)
1080円

ツルリとしたのど越しのせいろは二段盛りで量もたっぷり。コシとのど越しをよくするため、水回しやのしの工程を大事にしている。鶏モモ肉とネギやニンジンなどの野菜を卵でとじた温かい汁につけていただく。少し濃い目の汁が力強い香りの蕎麦に合う

伴助の鯖(半身)
980円(半身は基本的に1~2名の 注文のみ、1尾は1950円)

福島県産の特大サイズのサバの干物

千住ねぎ天そば
1080円

米油でサクッと揚げた千住ネギの天ぷらを添える。つゆは本枯節の厚削りで取ったダシに、昔ながらの製法で作る長野県「大久保醸造」の醤油を使う

花特製出し巻き卵
830円

熊本の「コッコファーム」の卵を4個使う。米油で焼いてふんわりと

生粉打ち 花乃蕎麦

[住所]東京都中央区日本橋堀留町1-6-5 ETビル1階
[TEL]03-5641-6938 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時半~21時(20時半LO)、土11時~14時(13時半LO)、17時半~20時半(20時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝
[座席]テーブル16席、小上がり座敷4名、計20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩4分

電話番号 03-5641-6938
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル