SNSで最新情報をチェック

 店主の藤原耕治さんが地元秋田から取り寄せている稲庭うどんの特長は、「なんと言ってものど越しとなめらかさ」。その言葉通り、細身でつるっとしていくらでもいけそうな食感は、ならではの旨さだ。

画像ギャラリー

酒・肴 稲庭うどん長太郎(最寄駅:赤坂駅)

なめらかなのど越しはなんとも清々しい

見た目も麗しく、カツオとうるめ、昆布で取る上品なダシもぴったり。ランチにはご飯とお新香、小鉢も付いて、ほかにも「なめこおろし」や「肉南蛮」など種類も豊富。夜は充実した地酒で一杯やってからもおすすめだ。

梅干とろろ昆布(お昼)

900円

かき揚げ(お昼)

950円

「高級品で昔は庶民は食べられなかった」という稲庭うどん。元は殿様への献上品だったという

お店からの一言

スタッフ 相崎宮子さん

「夜のうどんセットもおすすめです」

酒・肴 稲庭うどん長太郎の店舗情報

[住所]東京都港区赤坂6-6-2 センチュリータワービル地下1階 [TEL]03-3586-6689 [営業時間]11時半~14時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンター14席、テーブル28席 計42席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅5B出口から徒歩2分

電話番号 03-3586-6689

2018年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...