SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ドイツワインダイニング Am Rhein(最寄駅:関内駅)

例えばラインガウ産の「50°リースリング」は、フレッシュな果実味と酸味のバランスが良く、ミネラル感が程よいすっきりとした辛口。ドイツワインは甘めのものをイメージしがちだが、甘めのボトルは2種類のみ。料理はドイツの定番だけにこだわらず、ワインとの相性や旬を意識した一品が並ぶ。

はまポークの自家製ソーセージ、シュパーゲルオランデーズソース

800円、950円

「自家製ソーセージ」は超粗挽きでシンプルな美味しさ。春の訪れを告げるホワイトアスパラの提供は6月末までを予定

オードブル3種盛り合わせ

1000円

右から、アンチョビ入り自家製ポテトサラダ、自家製さわやかMIXピクルス、スモークサーモンのタルタル仕立て。写真のほか、「自家製ザワークラウト」などの定番や副菜の計8種類より、3種が選べる。いずれもワインが進む深い味わい

お店からの一言

 

オーナー・ソムリエ 我妻 薫さん

「日本にもっとドイツワインを広めたいです」

ドイツワインダイニング Am Rheinの店舗情報

 

■『ドイツワインダイニング Am Rhein(アム ライン)』
[住所]神奈川県横浜市中区相生町2-50 柏木ビル2階
[TEL]045-306-9497
[営業時間]17時半~24時(23時半LO)、土曜日・祝日:17時半~23時半(23時LO)
[休日]日曜日
[座席]カウンターあり、最大18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ料200円別
[アクセス]JR根岸線関内駅北口から徒歩5分

 

電話番号 045-306-9497

 

 

 

2018年6月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…