SNSで最新情報をチェック

花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。

画像ギャラリー

花見シーズンです。
吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。
特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約、思いっきり丸腰で吉祥寺に来ちゃってる人! 特にカップル! 反省したほうがいいと思います。
もう、遅いかもしれないけど……。
今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。

まず、路頭に迷う前に、真っ直ぐ末広通りに行ってください。
ヤマダ電機の横の道です。
吉祥寺をフラフラして、いい雰囲気で、空いている店があったらそこで昼ご飯を食べよう……なんて思っている人!
そんな店は土日祝&お花見シーズンに限っていえば、ありません(断言)。
お昼ご飯を食べるべく、目標を定めなくてはダメなのです。
それが、末広通りなんです!
末広通りよ!
覚えた?
心のメモ帳に太字で書いとけよ!
サンロードや東急裏をどんなに歩いても、混んでるから! 並んでるから!
間違って五日市街道とか、井の頭通りを歩いちゃうと、めぼしい店なんかないぞ!
ハマるぞ!
気を付けろ!

イラスト/スタジヲワンツー

はい、末広通りの前に立ちましたね?
もう、一刻も早く店を決めたいという人は、末広通りの入り口右手のビルの2Fにあるハンバーガーショップ『W』に入りましょう。
しかし。1名当たりの予算は2000円だ。
なぜならここは、高級ハンバーガーの店なんですよ。
ハンバーガー&ドリンクで、1名あたり1500円は確実に超えますね。

ランチで1500~2000円? 冗談じゃねえよ、という人は、さらに末広通りを進みましょう。
すぐに右手にファミマが見えます。
そのファミマの横の地下に『ビストロE』という、肉系のお店があります。
ランチは1000円前後で収まります。
かなりの穴場で、なおかつ、メニュー名から想像したものを、かなりいい感じに逸脱したものが来ます(笑)。
もう、肉で手を打ちたい、という人は『ビストロE』に迷わずイン!
肉っていう気分でもないんだよね、という気分重視の人は、そのちょっと先の雑居ビル2Fにエスニックランチがおすすめのバー『F』があります(連載57回参照)。
アジア系カレー&麺類なら、ここにしなさい!
えーっ、まだ決められないよ、という優柔不断な人は、その先の駐輪場の隣のビルの地下にある中華の店『R』にしてください。
中華系定食も豊富で、1人1000円くらいで余裕で収まります。
さらにボリューミーなので、お腹いっぱい食べたい人はここだ!
タンメン、餃子など、何を食べても比較的外れはありません。もちろんご飯もの定食もOKよ。
いやいや、まだ粘りたい! という人、いい加減にしろよ!
悪いことは言わないんで、おっさん女子がお気に入りの『Dちゃん』にしときなさいよ(連載18回&40回77回参照)。
ボリューミーだし、肉や魚などランチの種類も多いよ。
おまけにランチは16時までだよ。
もはや路頭に迷い過ぎて、ランチ時間を逃した人も救ってくれるよ。
まだ決められない、あなた!
自分の置かれている状況がわかってないね。
人の話を聞かないタイプですね……。
そんなあなたには解放感のあるカップルにおすすめの『F郎』にすぐに入ってください(連載82回参照)。
魚系定食、肉系定食など、何か食べたいものがきっとあるはず!
ここまで来て、ランチの店を決めきれなかった人は、もう末広通りの入り口に戻れ! と言いたいところですが、さらにずんずん進んだ先に、隠し玉が1軒あります。
末広通りも最果てという感じですが、蕎麦屋なのにメニューが逸脱しすぎている『Sや』があります(連載81回参照)。
オシャレじゃないけど、なんでもあるし、ランチ時間とか関係なく営業しているので、ここに入って!
でも、日曜日は休み。
気をつけろ!
以上、紹介した店が満席で入れなかった人、迷っている間にランチ時間が終了した人は、もはや諦めましょう。
あなたに吉祥寺の風は冷たかった。
以上です。
もしくは、三鷹か西荻に移動したらいいと思う……。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...