SNSで最新情報をチェック

うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。

画像ギャラリー

うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店(最寄駅:吉祥寺駅)

八王子の名店が吉祥寺に。ここだけのひつまぶしも注目

和の基礎を心得るからこそ、食材を生かす調理に心を砕いている。珍しいのは地域資源を活用して育てた岡山産「森のうなぎ」を使うひつまぶし。さっぱりした脂で天然物に近いと評判だ。

上うな重

5100円(うな重は4000円)

櫃まぶし

4800円

5月から登場した吉祥寺店限定メニュー。岡山の「森のうなぎ」は旧小学校で循環型の養殖方法により育てられている。東京で扱うのはここだけ。お茶漬けは抹茶と合わせた昆布と鰹のダシをかけていただく

う巻き、うざく

2200円、1550円

 

卵2個使用の「う巻き」はダシの風味とうなぎの旨みが絶品。「うざく」はキュウリに塩で下味を付けて酢の味を引き立たせる

お店からの一言

 

三代目 篠崎賢治さん

「炭と対話し、火加減と脂の乗りを計算して焼いています」

うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店の店舗情報

 

■『うなぎ 志乃ざき 吉祥寺店』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺南町2-25-10
[TEL]0422-26-8839
[営業時間]12時~14時LO、17時~20時LO※ランチタイム有
[休日]水曜日・木曜日
[座席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し300円別
[アクセス]京王井の頭線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩7分

 

 

電話番号 0422-26-8839

 

 

 

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...