SNSで最新情報をチェック

最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。あと飲食店はチェーン店ね……。 やっぱり「吉祥寺ならでは」っていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子は、いい感じに勢力を拡大している『M食堂』が気になっているのである……。

画像ギャラリー

吉祥寺で勢力拡大している注目の定食屋はココだ! の件

最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。
あと飲食店はチェーン店ね……。
なんかさ、もう足りてるよね、それ……。
個人経営が、ものすごいスピードで閉店していると感じる今日このごろ。
チェーン店でもいいんだけど、吉祥寺ならではっていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子であった。
そんななか、吉祥寺でいい感じに勢力を拡大している店がある。『M食堂』である。

イラスト/小豆だるま

『M食堂』は連載17回で紹介したけど、終日定食があって、どのメニューも1000円前後で収まるコストパフォーマンス。
サンロードにある『M食堂』は、キッチンを囲むようにカウンターがある構造で、椅子もバーにある感じのスツールなので、ちょっと落ち着かないんだけどね。
でも、老若男女の胃袋を確実につかんで人気店に成長した印象だったのよ(超上から目線です、すみません)。
ちなみにここが本店ね!
さらに2019年に西荻窪に支店ができたのよ。
『西荻 M食堂』ですよ。
ここは、メニューなどは本店を踏襲しているんだけど、店内は4人掛けのテーブル席も何席かあって、カウンターも奥行きがあって、混んできても窮屈に感じないのがいいんだよ。
おひとり様女子も堂々と定食&瓶ビールとか頼んじゃってる、まさにオアシス。
サンロードの本店は地下なのでちょっと入りにくいんだけど、こちらは1Fだし、明るくて中の様子も見えるので入りやすいよ。
でもさー、西荻に用事があったから食べて帰ろうかなぁと思ったら、休日だったのに4~5人並んでたよ……。
アッという間に人気店に成長していました……。
あーあ、と思って、すぐ近くにある『U正』という魚の定食が美味しい店に入ろうとしたら、こっちも5~6人並んでるんだよ。
最近の西荻は、休日はうっかりしているとランチ難民になっちゃうから、気をつけろ!

それで『西荻 M食堂』の並びにある『Nの手書店』という、品ぞろえのいい古本屋で散財したおっさん女子でした……。
私は西荻でも並ばないよ(キッパリ)。
っていうか中央線の店では絶対に並ばないから。

『M食堂』は、チェーン店というには小規模だが、吉祥寺&西荻では確実に支持されている味のある冷食屋という位置づけなんだけど、2020年になって攻めてきたよ。
1月の初頭に吉祥寺に2軒目がオープン!
場所は大正通りを1本入ったところで、『Gクレフ』という紅茶屋さんがあった場所。
長いこと吉祥寺でやってたけど、去年喫茶の方は閉店しちゃったんだよね。
でも、プチロードで茶葉販売は継続中!
新しいM食堂の店内は明るくて、2人掛けのテーブル席&広いカウンターは西荻店を踏襲している感じ。
メニューも1000円前後の定食は顕在。
私は『M食堂』に来たら、唐揚げ定食がデフォルトです。
小鉢4品+メイン+サラダ+味噌汁+ごはんはおかわりOK。
ちなみに味噌汁が具沢山で、ちょっと塩分多めです。
でもさー、魚系定食も美味しそうなんだけど、お値段ちょっとお高いのよ(涙)。
まあここでは、ガッツリ肉系をチョイスするのが、賢いよね。
昼から夜まで通し営業なのもウレシイよ。
まあ文句があるとしたら、すごい混みそうだなっていうのと、税込みで1000円に収まるといいよねというのと、キャッシュレス対応にしてほしいな、という感じでしょうか?
私は、東急吉祥寺のデパサンに入っている『M珈琲店』は、吉祥寺にあと3軒くらいあってもいいと思っているんですが(連載68回101回参照)、『M食堂』も、吉祥寺にあと3軒くらいあってもいいんじゃね? と思っています(笑)。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。
小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...