SNSで最新情報をチェック

長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

珞珈壹号(最寄駅:銀座駅)

美食の都・湖北省伝統料理とワインのモダンチャイニーズ

この湖北の伝統料理を引っさげ、昨年10月にオープンした。現地から招聘したシェフによって磨き上げられた料理は上品かつ繊細な味わい。名物の「黄州ドンポー肉」は、中華スパイスの香りが幾重にも広がる逸品だ。紹興酒もいいけれど、種類豊富なワインに手を伸ばしたくなる。ひとりでも味わえる小皿料理(324円~)もふんだんに揃え、チャイニーズバルとしても楽しめる。

黄州ドンポー肉

1490円

武漢もち米団子の蒸しもの

1058円

湖北省・武漢市で親しまれる点心で、豚挽き肉と餅米が相性抜群。餡に混ぜたクワイの食感がアクセントになっている

レッカン麺

1382円

中国語では「熱乾麺」と表記する、いわば温かい汁なし麺。特注の太麺をゴマとニンニクのソースで和えたパンチあふれる風味だ。中華風漬物や角切り焼豚の食感も楽しいひと皿となっている

お店からの一言

シェフ 華 金兵さん

「おつまみ1品、ワイン1杯から気軽にどうぞ」

珞珈壹号の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座5-8-9 BINO銀座 4階 [TEL]050-3134-3858 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター、個室あり、全76席/全席禁煙/予約可/カード可/個室利用のみサ10%別、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A5出口から徒歩2分

電話番号 050-3134-3858

撮影/小澤晶子 取材/菜々山いく子

2019年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...