MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

一風変わった店名と、店前に置かれた無骨な筆致の品書きに一瞬たじろがないでもないが、一歩店に入ると、ほどよくモダンな設えと、にこやかな給仕の女性達に出迎えられ、気が緩む。築地 文化人 (つきじ ぶんかじん) [交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

築地 文化人(最寄駅:築地駅)

こちらのつまみはシンプルながらも一ひねり効いたものが多く、ありそうでなかった品揃え。なかでも蕎麦“ぬき”の「吸い」は、よくあるそれとタカをくくるなかれ。旬の素材を使った具の旨さ、いい塩梅に酒が進むつゆの味は、めっぽうクセになる。 また、何を頼むか迷ったら、その日の「おまかせ五点盛り」をぜひ。店主がその時々に応じて、品書きにあるものないものから、見つくろってくれる。 揃える酒も面白みのあるものが多いため、〆の蕎麦に移行する踏ん切りが悩ましい一軒だ。

おまかせ五点盛り
920円

爽やかな香りとツブツブ感がたまらないそばがきも必食

紅葉子そば
1030円

明太子の旨み炸裂。“ぬき”もある

松茸おかめ吸い
1130円

ふわっと広がる焼き松茸の香りで一杯、つゆに染みたゆばの昆布結びとかまぼこで、もう二杯、具を食べきったあとのつゆでまた一杯二杯と、これ一品で軽く一合は呑めてしまう、粋な(罪な)酒肴

もりそば(一枚)
820円

蕎麦は十割

「民宿とおの どぶろく」
920円(グラス)

「玉川 タイムマシーン」
1030円(1合)

「玉川 生酛純米酒 コウノトリラベル」
920円(1合)

築地 文化人

[住所]東京都中央区築地1-12-16 [TEL]03-6228-4293 [営業時間]11時半~13時半、17時半~21時半LO [休日]日・祝、月は不定休 [座席]カウンター5席、テーブル10席計15席/全席禁煙/夜は予約可/カード夜のみ可/夜カード使用のみサ5%別 [アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6228-4293
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
蕎麦とハーブティー。一瞬、え? と思うかもしれないが、素材の持つ「香り」や「風味」を大切にしたいという共通点を聞けば合点がいく。
石臼挽きした微粉の摩周産と粗挽きの蘭越産の北海道2種をブレンド。「釜揚げそば」なら、湯気と共に蕎麦の香りが運ばれ、蕎麦湯が絡まることで旨みがダイレクトに伝わってくる。
落ち着いた店内、充実した酒肴、ミシュランガイド福岡でビブグルマンに輝く『赤間茶屋あ三五』監修の蕎麦。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt