MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

一風変わった店名と、店前に置かれた無骨な筆致の品書きに一瞬たじろがないでもないが、一歩店に入ると、ほどよくモダンな設えと、にこやかな給仕の女性達に出迎えられ、気が緩む。築地 文化人 (つきじ ぶんかじん) [交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)の画像をチェック! navigate_next

築地 文化人(最寄駅:築地駅)

こちらのつまみはシンプルながらも一ひねり効いたものが多く、ありそうでなかった品揃え。なかでも蕎麦“ぬき”の「吸い」は、よくあるそれとタカをくくるなかれ。旬の素材を使った具の旨さ、いい塩梅に酒が進むつゆの味は、めっぽうクセになる。 また、何を頼むか迷ったら、その日の「おまかせ五点盛り」をぜひ。店主がその時々に応じて、品書きにあるものないものから、見つくろってくれる。 揃える酒も面白みのあるものが多いため、〆の蕎麦に移行する踏ん切りが悩ましい一軒だ。

おまかせ五点盛り
920円

爽やかな香りとツブツブ感がたまらないそばがきも必食

紅葉子そば
1030円

明太子の旨み炸裂。“ぬき”もある

松茸おかめ吸い
1130円

ふわっと広がる焼き松茸の香りで一杯、つゆに染みたゆばの昆布結びとかまぼこで、もう二杯、具を食べきったあとのつゆでまた一杯二杯と、これ一品で軽く一合は呑めてしまう、粋な(罪な)酒肴

もりそば(一枚)
820円

蕎麦は十割

「民宿とおの どぶろく」
920円(グラス)

「玉川 タイムマシーン」
1030円(1合)

「玉川 生酛純米酒 コウノトリラベル」
920円(1合)

築地 文化人

[住所]東京都中央区築地1-12-16 [TEL]03-6228-4293 [営業時間]11時半~13時半、17時半~21時半LO [休日]日・祝、月は不定休 [座席]カウンター5席、テーブル10席計15席/全席禁煙/夜は予約可/カード夜のみ可/夜カード使用のみサ5%別 [アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6228-4293
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル