MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)

一風変わった店名と、店前に置かれた無骨な筆致の品書きに一瞬たじろがないでもないが、一歩店に入ると、ほどよくモダンな設えと、にこやかな給仕の女性達に出迎えられ、気が緩む。築地 文化人 (つきじ ぶんかじん) [交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》築地 文化人|“ありそうでなかった”が、ある呑んべい心をくすぐる蕎麦前の数々(そば/築地)の画像をチェック! navigate_next

築地 文化人(最寄駅:築地駅)

こちらのつまみはシンプルながらも一ひねり効いたものが多く、ありそうでなかった品揃え。なかでも蕎麦“ぬき”の「吸い」は、よくあるそれとタカをくくるなかれ。旬の素材を使った具の旨さ、いい塩梅に酒が進むつゆの味は、めっぽうクセになる。 また、何を頼むか迷ったら、その日の「おまかせ五点盛り」をぜひ。店主がその時々に応じて、品書きにあるものないものから、見つくろってくれる。 揃える酒も面白みのあるものが多いため、〆の蕎麦に移行する踏ん切りが悩ましい一軒だ。

おまかせ五点盛り
920円

爽やかな香りとツブツブ感がたまらないそばがきも必食

紅葉子そば
1030円

明太子の旨み炸裂。“ぬき”もある

松茸おかめ吸い
1130円

ふわっと広がる焼き松茸の香りで一杯、つゆに染みたゆばの昆布結びとかまぼこで、もう二杯、具を食べきったあとのつゆでまた一杯二杯と、これ一品で軽く一合は呑めてしまう、粋な(罪な)酒肴

もりそば(一枚)
820円

蕎麦は十割

「民宿とおの どぶろく」
920円(グラス)

「玉川 タイムマシーン」
1030円(1合)

「玉川 生酛純米酒 コウノトリラベル」
920円(1合)

築地 文化人

[住所]東京都中央区築地1-12-16 [TEL]03-6228-4293 [営業時間]11時半~13時半、17時半~21時半LO [休日]日・祝、月は不定休 [座席]カウンター5席、テーブル10席計15席/全席禁煙/夜は予約可/カード夜のみ可/夜カード使用のみサ5%別 [アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口、東銀座駅5番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6228-4293
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
「永井荷風先生は毎日同じ時間にいらして、同じ席に座り、いつも『かしわ南ばん』を頼んで召し上がっていたそうです」と語るのは、万延元年(1860)創業の尾張屋・6代目で修業中の田中秀典さん。具は特注のごま油で炒めた鶏ムネ肉と、たっぷりのネギ。
経営母体が“意外”といいますか、考えてみればしごく必然で真っ当なんだけど、でも意外と少ないパターンのお店を2軒!
まずは老舗蕎麦屋が営む立ち食い蕎麦。
立ち食いといえば駅蕎麦、駅蕎麦といえば立ち食いというくらい、駅と立ち食い蕎麦は切ってもきれない縁がある。だが日本のセントラルステーションたる東京駅の構内に今、立ち食い蕎麦屋はたった一軒しかなかった。
東京は上野で育った店主が目指したのは、自家製粉で打つ「二八蕎麦」。石臼の素材は熱を持ちにくい蟻巣石を採用し、丸抜きで仕入れた蕎麦の香りが飛んでしまわぬよう、細心の注意を払って製粉している。
最新記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
コンベクションオーブンでふわっふわに焼き上げられた、ほかほかのチョコレート生地のスフレパンケーキにたっぷりのるのは、口溶けがなめらかなチョコレートクリーム。風味と硬さが異なるカカオ67%と70%のチョコチップを入れて、食感も絶妙にコントロールしている。
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル