SNSで最新情報をチェック

築地場外には隠れ家的な甘味処が潜んでいます。人熱や喧騒に少し疲れたら、そこでひと休みもいい感じ。かき氷やあんこなどなど、懐かしい甘さの築地の魅力も楽しめますよ。

めっけた!感も満載 癒される喫茶たち

コロナが去り、インバウンドが復活して、築地場外は連日大盛況……どころか、ともすれば通り抜けるのも困難なほど多国籍に賑わっている。それとともに、出ているお店の感じもけっこう変わっている。

増えたのは、店頭(イートインも)で立ったまま楽しめる串や小ポーションの食べ物。マグロや魚介、和牛串もあるし、玉子焼きも相変わらず人気だ。

お祭りみたいで、それはそれで楽しいんだけど、正直ちょいと疲れる。で、そんなときはどうするかというと、ちょっと隠れ家的な甘味処や喫茶へ。案外知られていないけど、築地には昔ながらいい感じのそんな店あるのだ。

まずは『甘味・喫茶 胡蝶』。表のもんぜき通りから「きつねや」の脇をひょいと入ったところ。こちら何と朝6時半からやっている。いろいろあるが個人的なおすすめは、年中やってるかき氷だ。「れもんミルク」を所望!

『甘味・喫茶 胡蝶』かき氷れもんミルク 900円

シロップをかけるんじゃなく、味付き氷を削るタイプ。しっとりパウダースノーのような食感で、ミルクの感じもやさしい。マンゴーや白くりん(しろくま風)味もある。「あんバタートースト」や「アイスもなか」も捨て難いがね。

次は『喫茶マコ』だ。築地西通りから筋を入った2階。赤い看板が目印だ。開業は昭和36年と場外の純喫茶では最も古く、実にレトロ。先代店主のマコさんが91歳で閉めようとしたところを「残したい」と築地の有志が引き継いだ。

先代からの名物は築地ならでは、カツオ昆布ダシが効いた「海鮮雑煮セット」。いやいやでも今日は「大納言小豆ぜんざいコーヒーセット」にしよう。

『喫茶マコ』大納言小豆ぜんざいコーヒーセット 800円

やはり場外の大野屋米店が搗いた焼き餅はモッチモチ、北海道産粒あんがとてもやさしい。癒されるなあ。絶好の隠れ家だ。

最後は波除通り沿いの人気のパン工房『ル・パン』だ。クロワッサンがうまいのだ。焼き強め、餡の甘さと生地の塩気が絶妙で1番人気の「あんこクロワッサン」を筆頭に、「バタークロワッサン」「チョコクロワッサン」「メロンパン」等々が店頭に並ぶ。

奥のオーブンで次々に焼いてるから焼きたて遭遇率も高し。イートインもできるので、通りを行く人波を眺めつつ、のんびりコーヒーと一緒に。ふわもちサックリの生地、旨いなあ。

『パン工房 ル・パン』(手前)カレーパン 300円 (奥)栗あんクロワッサン 300円 (ドリンク)コーヒー 300円

『甘味・喫茶 胡蝶』

[住所]東京都中央区築地4-9-7
[電話]050-6864-3973
[営業時間]6時半~15時LO
[休日]水・日・祝

『喫茶マコ』

[住所]東京都中央区築地4-9-7 中富ビル2階
[電話]03-3248-8086
[営業時間]10時~15時(夜1日1組予約制)
[休日]月

『パン工房 ル・パン』

[住所]東京都中央区築地4-16-7
[電話]03-3248-8858
[営業時間]9時~14時半
[休日]水・日・祝

撮影・文/池田一郎

おとなの週末2024年5月号

※2024年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…