SNSで最新情報をチェック

殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。

画像ギャラリー

神々の幸 島根県×奥出雲町produced by 炉端かば(最寄駅:日比谷駅)

日本三大蕎麦の出雲蕎麦を伝統的な割子蕎麦で

ランチにはセルフサービスのコーヒーも付いてこの価格だ。なお、昼の蕎麦も十分美味しいが、ディナータイムの蕎麦とつゆは、グレードが上がるのでそちらもぜひ試してみて。

割子蕎麦と塩むすび

780円

神話焼き銀だら焼き

1296円

奥出雲産の米麹味噌や酒粕などで漬け込んだ味噌焼。ほろりとした柔かさで香ばしく杯が進む

せいろ蕎麦

出雲蕎麦はせいろでも提供

お店からの一言

店長 山谷直久さん

「12時までは3種の蕎麦が各500円です」

神々の幸 島根県×奥出雲町produced by 炉端かばの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル地下1階 [TEL]03-6268-0380 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、17時~23時(22時半LO)、土・祝16時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全60席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・夜のみお通し代432円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A3出口から徒歩1分

電話番号 03-6268-0380

撮影/石井明和 取材/市村幸妙

2019年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...