SNSで最新情報をチェック

築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

お好み焼き 染太郎(最寄駅:浅草駅)

往年の文士や芸人が集った空気が今もそのまま残る

常連であった坂口安吾は、店で執筆したり、酔いつぶれて泊まることもあったとか。温めた年季の入った鉄板にコクの出るカメリアラードを引いて、お客が自分で焼き上げる。ざく切りしたキャベツや和風ダシ入りの生地は、下町の気取らない味そのまま。3種類の中濃ソースをブレンドした甘めのソースを、刷毛でたっぷりと塗っていただこう。

五目天、しょうが天

1300円、580円

しゅうまい天

780円

豚挽き肉と刻み玉ネギ、ニンニクが入った生地の周りを、切り餅で囲んで焼く(焼いた様子が写真2)


初代女将が考案した「しゅうまい天」。醤油味でいただく

お好み焼き 染太郎の店舗情報

[住所]東京都台東区西浅草2-2-2 [TEL]03-3844-9502 [営業時間]12時~22時半(入店は21時半まで、22時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]お座敷のみ、全45席/混雑時禁煙/7月~9月予約不可、他は平日3名様以上、土・日・祝8名様以上から2800円のコースのみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-3844-9502

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...