MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
手打蕎麦処 紫仙庵|風情ある古民家でしっぽり味わうはんぺん蕎麦(そば/武蔵小山)

手打蕎麦処 紫仙庵|風情ある古民家でしっぽり味わうはんぺん蕎麦(そば/武蔵小山)

 築65年余という古民家で、ゆったり蕎麦と日本酒を味わえる『紫仙庵』。駅から散歩気分で歩いてくれば、情緒ある門構えの一軒家が迎えてくれる。

手打蕎麦処 紫仙庵(最寄駅:武蔵小山駅)

自家製粉の蕎麦は十割。しなやかでもちっとした食感が特長で、シンプルな種ものやかけつゆにもよく合う。 この店で温かい蕎麦の一番人気というのが「はんぺん蕎麦」だ。大きなはんぺんはメレンゲのようにふわっふわ。かけつゆが徐々に染みてくると美味しさが加速してたまらない。また、これと人気を二分するという、きのこそのものを食べるような「きのこおろし蕎麦」も捨てがたく、どちらにするか思案しながら、まずは一献傾けたい。

はんぺん蕎麦
1620円

綿雲のようなはんぺんがぽっかりと浮いた蕎麦は見た目のインパクト大。はんぺんはまずはそのまま、次にかけつゆをじっくりと染みさせて、と異なる味わいを楽しみたい

きのこおろし蕎麦
1566円

山なめこや椎茸、えのきなどきのこがどっさり

黒豆寒天
540円

しっとり炊かれた黒豆は漉しあんのようにねっとりと甘い。下にひかれた寒天はフルフルとした柔らかさで、プチっと弾ける焙じた韃靼蕎麦の実がアクセント

ダシまき卵
810円

しっかりと焼かれた端正な玉子焼き。濃厚なダシの風味が日本酒を誘う

 [その他のメニュー]
十割蕎麦せいろ(自家製粉石臼引き)1026円、鴨汁せいろ1674円、さつまあげ盛り合わせ1404円、合鴨ロースト1026円、鰊京煮1080円、要予約の鴨鍋コース5400円〜ほか

手打蕎麦処 紫仙庵

[住所]東京都目黒区下目黒6-6-3 [TEL]03-3712-8555 [営業時間]17時半〜21時(20時半LO)12/31 12時〜14時 [休日]月・火、12/29、12/30、1/1〜1/6 [席]テーブル16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅西口から徒歩13分

電話番号 03-3712-8555
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt