SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末』では、これまで蕎麦特集でいくつもの名店を紹介してきました。特に取材軒数が多かったライター陣が、ここ!という店を厳選。今回は温蕎麦をまとめてお届けします。永久保存版間違いなしです!

店主の蕎麦人生の原点 黄金のかき揚げを添えた芸術品の如き天ぷら蕎麦 『東白庵かりべ』@千歳烏山

9年ほど前だったか。初めて訪ねたのは店主が神楽坂に店を構えた頃。
名店「竹やぶ」で培った腕は確かで、瞬く間に人気店となった。
そして今、昨年移転した新天地で再び歩みを進めている。謙虚な姿勢は変わらず。

「蕎麦はシンプルゆえに難しい。1日1ミリの成長の繰り返しが仕事だと思っています」。
いい玄蕎麦を仕入れることが旨さの要という。主に扱うのは長野・黒姫産と新潟・塩沢産。

挽き立ての状態を見極めながら基本十割で打つ。
手繰れば香りと甘みが鮮やかに花開き、もちっとした食感も心地いい至極の味わいだ。

とりわけ天ぷら蕎麦は店主が修業先で感動し、職人を志す決意を固めた原点の味。
太白ゴマ油で揚げた才巻エビのかき揚げが別皿で供され、熱々をツユに入れるとジュッと音を奏でる芸術的な逸品だ。
芳しき油、エビの旨み、衣の食感、すべてが蕎麦の味と共鳴しあう。

喜悦の境地を約束するこの一杯を、ぜひあなたにも味わってほしい。

[住所]東京都世田谷区粕谷4-23-19
[電話]03-6879-8998
[営業時間]11時半~14時半LO、18時~21時半LO、日・祝11時半~20時半LO※いずれも蕎麦が無くなり次第終了
[休日]水
[交通]京王線千歳烏山駅南口から徒歩6分

天然鴨の深い旨みを津軽蕎麦が受け止める 冬限定の1杯 『手打ち蕎麦 芳とも庵』@牛込神楽坂

毎年、冬を待ち遠しくさせるのが、ご覧の「野鴨蕎麦」。

11月15日の解禁日を待って新潟の猟師から届く野生の真鴨を乗せている。
その味わいはどこまでも濃く、力強い。身から溶け出したエキスで、かけ汁もぐっとコクを増す。

さらにその下に潜むのが、“津軽蕎麦”と呼ばれる青森の郷土蕎麦。
水の代わりに大豆をすり潰した“呉汁”で打ち上げ、深い甘みと香りがおだやかに広がっていく。

それらが一体になると、食材の豊かな滋味が胃のすみずみまで染み渡るようだ。

この野鴨をふんだんに使った鍋のコース(5500円~6000円)も冬限定の贅沢なお楽しみ。

ぶり大根(800円)
北海道産のブリの旨みが、大きな大根の中までじっくり染みている
前菜九点盛合せ(1500円)
この日は卵黄のかえし漬け、いくらおろし、白和え、海老のつや煮、牡蠣のアヒージョなど。国産白ワインとのペアリングも試したい
『手打ち蕎麦 芳とも庵』
[住所]東京都新宿区納戸町10
[電話]03-3235-7177
[営業時間]11時半~14時半LO、17時半~21時半(21時LO)
[休日]月・火
[交通]都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩5分

次のページ
4つの個性をまとめた店主渾身の蕎麦に肉厚...
1 2 3 4 5 6

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...