SNSで最新情報をチェック

うなぎは高級ばかりではありません。お安く食べられるお店もあるのです。本記事では1000円から1500円までの丼をご紹介します! (※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)

画像ギャラリー

うなぎと肝焼きの両方が味わえる贅沢な丼に感激!

きはら(きは七が3つ)

亀戸

大正10年創業の老舗だが、格式ばった店ではなく、下町らしい親しみやすい雰囲気。テーブル席と座敷の昭和の面影が残る店内で、くつろぎながらうなぎが食せる。ここのイチオシは「スタミナ丼」。うなぎ0.5人前に肝焼き1本が付く、まさにプチ贅沢な丼だ。

香ばしく焼けたうなぎは身が引き締まり、あっさりしたタレが良く合う。肝は苦みの出る寸前の焼き加減が絶妙だ。ランチのみ、1日限定20食なので、早めに訪れるのがおすすめだ。

肝焼きは、焼いているうちに抜け落ちたものもサービスでのせてくれる。これだけふんだんに使えるのは、豊洲で川魚の仲卸をしているからこそ。肝吸いが100円で注文できるのもうれしい。

やや薄めの身であっさりした食べ心地の「梅」2800円と「竹」3500円のうな重に比べ、「松」4200円はふっくら厚みがあり、うなぎの濃厚な味わいが楽しめる。

[住所]東京都江東区亀戸1-21-4
[電話]03-3684-0666
[営業時間]11時~14時、16時半〜20時
[休日]日・祝・月、火の夜
[交通]JR総武線亀戸駅北口から徒歩5分

香ばしいうなぎをふわっ、とろっの卵でとじた柳川風

うな鐵 将

西日暮里

静岡県や九州など、国産の活きたうなぎを仕入れ、店内で捌き、備長炭で焼き上げる。この道30年以上の職人が、一切手を抜かず丁寧に仕上げる仕事が美味しくないワケがない。

「うな玉丼」を頼むと、一見卵多めの親子丼のよう。だが、箸を入れると中からゴボウの笹がきが現れ、香ばしいうなぎ、ふわふわ玉子、ゴボウの三位一体で、なんとも美味! カツオと昆布のダシに、隠し味としてうなぎのタレを少々加えコクを出すのが旨さの決め手だ。

うなぎは1/4尾ほどだが味は濃いので存在感はピカイチ。吸い物と漬物が付き、ランチはご飯大盛無料。

生のうなぎに下味を付け、アルミで巻き蒸し上げた一品。上品な旨みが口の中にあふれる。

[住所]東京都荒川区西日暮里5-21-4
[電話]03-5615-3385
[営業時間]11時~14時(13時半LO)、16時半〜21時半(21時LO)
[休日]日・祝
[交通]JR山手線西日暮里駅から徒歩1分

ふっくら焼けた身の旨さは1500円とは思えないほど上質!

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店

新橋

ふっくら焼けたうなぎの身は秘伝のタレをまとってツヤツヤに輝く。ひと口食べれば、程よい弾力があり、驚くほどジューシー。挽き立てのぶどう山椒をかけると、香ばしさや旨みが一段と引き立つ。こんな旨いうな丼が1500円とは感動だ。

このほか、うなぎはもちろん、鯉やナマズ、鮎などを使用した、ビールや日本酒に合う創作料理も満載。明治30年創業の川魚問屋直営だからこその高コスパうな丼や多彩な一品料理、ぜひお試しあれ!

ランチのうな丼は吸い物とお新香付き。「うなダレ煮玉子」150円など、トッピングも用意。

串焼きは、写真手前から「うなぎのかぶと」、「鯉のつくねチーズ焼き」、「鯰 梅しそ添え」、「稚鮎の塩焼き」、「富士山サーモン(ニジマス)の塩焼き」。うなぎの頭を圧力鍋で約1時間、骨まで食べられるほど蒸し焼きにした「かぶと串」は、黒ビールと相性抜群!

[住所]東京都港区新橋5-8-3 代市ビル1階
[電話]03-6435-8897
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時〜22時(21時半LO)
[休日]日・祝
[交通]JR山手線ほか新橋駅から徒歩1分

うなぎも店によっては安く食べられることがおわかりいただけたと思います。ぜひ、お得に美味しく楽しんでください!

撮影/瀧澤晃一、武藤 誠(まんまる) 取材/松田有美

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...