SNSで最新情報をチェック

文久元年(1861)創業。暖簾をくぐり店内へ入ると、白木の一枚板カウンターに船底天井という趣のある空間が広がる。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

九段下 寿司政(最寄駅:九段下駅)

江戸随一といわれた伝統の味を伝える東京屈指の老舗

ここで味わえるのは、150年以上の伝統を今に伝える正統な江戸前寿司だ。例えば、寿司政を代表するネタである小肌。季節によって〆加減は変わるものの、やや強めの酢〆が、赤酢を利かせたまろやかなシャリにことのほか合う。昼のお決まりは握り、ちらし共に3000円、4000円、5000円の3種類を用意。握りを頼めば1貫ずつ供される寿司の旨さにため息をつき、ちらしなら重箱に散りばめられた色鮮やかな寿司ネタの数々に目も舌も魅了される。映画監督の山本嘉次郎、作家の山口瞳など、名だたる著名人を虜にした寿司を心ゆくまで楽しみたい。

にぎり「梅ごのみ」

3000円

ちらし「梅ごのみ」

3000円

赤酢のシャリを重箱に敷き詰め、針海苔とスッキリした酸味が際立つガリのみじん切り、かんぴょう、酢蓮を乗せたら、マグロの赤身と中トロ、小肌、白身、赤貝、車エビ、穴子、玉子、イクラなどのネタを散らしていく。まさに芸術品のような仕上がりに見とれてしまう。握り、ちらし共に、ネタの内容は季節や仕入れにより異なる

お店からの一言

五代目 戸張正大さん

「代々継承されてきた味と技法を大切にしながら、日々精進しております」

九段下 寿司政の店舗情報

[住所]東京都千代田区九段南1-4-4 [TEL]03-3261-0621 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日・祝11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]なし [席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし(2階座敷のみ10%別)、お通し代800円~別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか九段下駅6番出口から徒歩30秒

電話番号 03-3261-0621

撮影/大西尚明 取材/松田有美

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...