SNSで最新情報をチェック

玉子サンドといえば、パン屋さん、スーパー、コンビニ、デパ地下など、ありとあらゆる場所で手に入るサンドイッチの代表格。にも関わらず、入手に苦労する玉子サンドがあるのだ。そのお店とは通称「玉子サンド研究所」。どれほどまでに苦労するのか、ライター菜々山が突撃!

日本一手に入りにくい玉子サンド!?

玉子サンドが好きだ。流行りの出汁巻きとか厚焼きスタイルではなく、昔ながらのあの玉子サンド。コンビニではそれ一択だし、自分でもよく作る方だと思う。

けど、長年思っていた。何かが足りない。言ってしまえば、固茹でを潰してマヨネーズと和えてパンに挟むだけ。シンプルがゆえに、マヨネーズとのバランスやパンとの相性、白身の食感をいかにするか、と繊細な感覚が問われる、非常に緻密に構成された食べ物なのだと思う。

それをなんと46年間、半世紀近くに渡って研究している、『ヤマモトヤ』(通称:玉子サンド研究所)なる店があると聞きつけ、やってきた。

厚木市のどの駅からも徒歩じゃかなり遠い、畑のど真ん中。細い道をくねくねと車を走らせていると、それはいきなり現れた!

田園風景に全く溶け込まない黄色が目を引く、いや目立ちすぎる!!

到着したのは午前10時50分。だだっ広い駐車場にはすでに車が10台ほど止まっていて、みなさん車中で何かを待っている様子。こちらは売店ではなく、無人販売所

3台ある冷蔵庫を開けてみると、フルーツサンド、ミックスサンドはあるものの、肝心の玉子サンドがない!

ハテ? と思っていたら、なんだか続々と人が冷蔵庫の前に集まってきたではないか!!

とりあえず我らもその行列に参戦。すると、無人販売所の奥にある建物の扉がガラリと空いて、店員さんが大きな箱を抱えてやってきた。ついに噂の玉子サンドの登場だ。

冷蔵庫に補充する前から列に並んだ人々が手を伸ばし、みるみるうちになくなってしまった! 我々取材班もなんとかラスト1個をゲット。

大勢いたお客は、玉子サンドを手にすると、まるで蜘蛛の子を散らすように去っていった。

そこへ通りがかった、近所に住むというマダムに話を聞いてみると、なんでも6時、9時、11時、13時(それ以降は不明)に玉子サンドが補充されるとのこと。

その時間を狙って、お客が集まってくるんだそうな。ちなみにマダムはゲットならず。分けてあげたいけど、ごめん。私たちもひとつだけしか買えなかったのですよ。まさに争奪戦。日本一手に入りにくい玉子サンドと言えるだろう

さあ、その玉子サンドのお姿がこちら!!

実食! あふれんばかりの玉子に……

玉子サラダがあふれんばかりに入れられ、パンは見るからにふわふわ。コレ、絶対うまいやつ!

手で持つと、ずっしり重い

期待に胸膨らませながらハムッとひと口食べてみると、おおっ! パンはしっとりモチモチからのほんのり甘い香り。続いて、大きめにざく切りされた白身はゴロッとした存在感抜群だ。一方の黄身部分は滑らかなクリーム状で白身と黄身が食感のコントラストを生んでいる。さらにマヨネーズは控えめで玉子の風味も満点だ。

つまり、文句なしに旨い‼︎

他にも、この日購入した商品を紹介しよう。

「エビスかぼちゃサンド」「トマトエッグBOX」それぞれ300円。

玉子サンド単体では手に入りにくくても、ミックスサンドなら割と気軽に購入できそう。「エビスかぼちゃサンド」は、甘さ控えめの和テイストのデザートサンドで、おやつにぴったり。

他にも今回は購入できなかったものの「放課後の豚サンド」と名付けられたカツサンドも気になるところ。

最後に注意事項を。この無人販売所は両替機などもないため、足を運ぶ際には100円玉を多めに用意しておくことをおすすめする。

■ヤマモトヤ
[住所]神奈川県厚木市上荻野1270-2
[営業時間]24時間営業
[定休日]年中無休

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...