SNSで最新情報をチェック

10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!

画像ギャラリー

まず知っておきたい! 2021年10月の全体運

「天の星」でもある六白金星が司る10月は、
まず「政治」「経済」の世界が大きく揺れ動く。
すでに9月の自民党総裁選を皮切りに、
10月の臨時国会召集や衆議院議員任期満了と続き、
恐らく運勢的にも2021年のクライマックスになるだろう。
私たち人間もその「気」の影響を受けながら、
自分が「ひと回り大きくなる」「人格を磨く」絶好のチャンス!
実力以上の話が舞い込んだり、何か大きな決断を迫られたら、
「試されている」と覚悟し、
「無理!」と逃げず謙虚に真摯に取り組もう!

大きな力のサポートが!? あなたをアップグレードする「秋の果物」!

10月を司る六白金星には「政治」「経済」という象意があり、それが中央に廻座することで、今月は世界的に「政治」「経済」が大きく動くことが予想される。そんな世の中の動きに合わせ、個人レベルではどんなことが起こるだろう?
仕事でもプライベートでも、目上の人、お金持ち、権力者、会社の人間関係でいうなら上司や先輩といった「自分よりも力のある人」と関わりを持つことになりそうだ。実はこれが、自分をアップグレードする絶好のチャンスに!時代が大きく変化している今、「自分も変わらなければ!」とか「現状を打破したい!」「もっと自分の枠を広げたい!」という人も多いはず。そんな人にとって10月はターニングポイントになるだろう。
そんな六白金星が持つ「権威」「権力」「大物」「大いなる力」「神仏」などの象意を引き寄せ、自分をアップブレードするチャンスをくれるのが、六白金星の食象意である、りんご、ぶどう、イチジク、柿、栗などの「秋の果物」
さらに、旬のものを旬の時期に食することは、身体的にも大切なこと。今年は、秋の季節に秋の果物を象徴する六白金星が司るというタイミングの良い星の巡りになっている。それこそが、天が味方になり私たちを応援している証かも! ぜひこのチャンスに乗っていこう!

10月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

アップルパイ

こだわりと工夫を重ねて新しい味わいを作り出す、奥久慈りんごを使ったアップルパイ。

モッツァレラとイチジ

「ありのままの自分で勝負」もいいかも! バターっぽいコクもあるモッツァレラと三浦産のイチジク。

モンブラン

一皮剥いたら旨みたっぷりの自分に! メレンゲとトロトロ生クリーム入りの渋皮栗モンブラン。

九星別 10月の運勢

「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。
「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?
行動の指針として活用できます。
個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。
まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。

※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星

直感が冴えアイデアが次々と浮かぶ人と、
体調不良から気分もイライラする人と分かれそうな10月。
どちらにしても大切なことは、
今起きていることをどう捉えるか?
それに対してどう取り組むか? ということ。
止まっているように見える雄大な「大河」でも、
水面下でゆっくりと水は流れている。
今月は、感情の浮き沈みに左右されて、
歩みを止めることがないように気をつけよう!

人間関係も健康面もダウン気味で注意が必要な10月。
それでも日々は、細々としたことに追われ気ぜわしい。
まずは自分の状況をしっかりと受け止め、
決して結果を焦らず、淡々とコツコツと進めよう!
運気の緩急や強弱のリズムに合わせて、
「時期を待ってみる」「人にゆだねる」ということも大切。
特に体調不良のときは絶対無理は禁物。
年配女性とのトラブルは厄介。気をつけて!

10月、運気は上向きに回復、気分も晴れやかに過ごせそう。
にわかに忙しさも戻ってくるこの時期、
とにかくジッとしていてはもったいない!
「疲れた」「ダメだ」などのネガティブワードは避けて、
自ら率先してアクティブに!
もともと気が多く、あれこれ目移りしやすい三碧木星だが、
今月は一点集中でマトを絞って行動を!
それが、思いもかけない大きな成果につながる予感。

やる気と活気にあふれていく10月。
新しいことをスタートさせたり、
これまで蒔いたタネから芽が出て、一気に前進する人も。
勢いが出てきた今こそ、本領発揮のチャンス!
肩の力を抜き「リラックス」することで最大限の力を引き出そう。
何か迷ったときは、信頼できる人の意見を聞いたり、
相手の考えに従ってみることも大切。
そんな「しなやかさ」が物事をうまく運ぶヒケツに!

10月、今年の最高運に突入するや
後半にかけて運気はさらに上昇。
これまでじっくり準備をしてきた五黄土星は
ここで爆発的に発展していくはず。
うまくいかないことがあるとすれば、
それは自分自身の心の持ち方に原因がある。
五黄土星は「愛」あふれるリーダー星。
自分が周囲へ与える影響が大きいことを自覚しよう。
決して奢らず、我をはらず、周囲と調和しながら前進を。

10月の運気の主役である六白金星。
九星気学では、主役のときほど周囲に目を配り、
自分の土台をしっかり固めるときと考える。
人の目に触れるからがんばるのではなく、
陰日なたなく、どんなことにも積極的に取り組む姿勢が大切。
そこから、自分を信頼する力=自信が生まれるはず。
今月は「傲慢」「短気」「自信過剰」があなたの敵になり、
思わぬところで足元をすくわれるので要注意!

10月、七赤金星には大きな期待が寄せられる。
そして、その期待にどう応えるか? が試されそう。
ついつい「やりたい」ことを選んでしまいがちな七赤金星だが、
今月は自分らしさを大切にしながらも、
感情や機嫌をしっかりコントロールし、
自分の枠を広げるような選択ができるといいかも。
また、明るさや元気さ、前向きさを忘れると
アクシデントに巻き込まれやすいのでご注意を!

10月、心が弾む楽しい1ヶ月。
「緊急事態宣言」が一旦全面解除される今月、
先月に引き続きコミュニケーションが活発で、
家族や仲間など身近な人との関係を深めるチャンスに!
一方で、ゆっくりと変化の波が押し寄せてくる暗示。
でも今は、本格的にやってくる変化に備え
「力を蓄える」重要な時期。
外野の声に惑わされず、せっかちに動かず、
まずは心の内側をしっかりと整えよう!

今年、すでに仕事や私生活、考え方や価値観などが
大きく変化している九紫火星は多いと思うが、
10月に入り、最大の変化の時を迎える。
そのため、ペースを狂わされることに遭遇したり、
想定外の出来事に心が大きく動揺することが多々ありそう。
焦らず一つひとつ丁寧に取り組みクリアすれば、
その先に新しい景色を見ることができるはず。
常に、師や先人の智慧から学ぶ姿勢を忘れずに!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...