SNSで最新情報をチェック

北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?

画像ギャラリー

あんパン

上から順に、
『トーホーベーカリー』 三鷹の森あんぱん(156円)
『関口フランスパン 目白坂本店』 小倉あんパン(184円)
『銀座木村家』 酒種小倉(写真左下、170円)、酒種桜(写真右下、170円)

『トーホーベーカリー』@三鷹

三鷹の森あんぱん(写真上、156円)

塩気も豆感もある ていねいに炊かれたあんがたっぷり

創業70年。三鷹で愛され続けるお店は惣菜パンから菓子パンまで種類豊富。

小ぶりでコロンと山型の「三鷹の森あんぱん」は、薄手のパン生地の中に、甘さ控えめで上品なあんがたっぷり。ほどよく塩気のある粒あんは、ていねいに炊かれているのがよくわかる美味しさ。あんぱん食べた満足感高し!

『トーホーベーカリー』
[住所]東京都三鷹市下連雀1-9-19
[電話]0422-43-6311
[営業時間]7時〜18時
[休日]日・祝・第三月曜日
[交通]JR中央線ほか吉祥寺駅南口からバス下連雀下車、徒歩1分

『関口フランスパン 目白坂本店』@江戸川橋

小倉あんパン(写真中、184円)

ふんわりパン生地にナッティなケシの実 風味豊かなあんが旨し

店名が示すように本格フランスパンを日本で初めて販売した店だが、なんの、こだわりは菓子パンも変わらない。

こしあんがたっぷり入った、薄皮の「こしあんパン」もいいが、ふんわりパン生地の中に風味豊か、ちゃんと甘い粒あんが入った「小倉あんパン」をチョイス。ケシの実が利いて懐かしい味だ。

『関口フランスパン 目白坂本店』
[住所]東京都文京区関口2-3-3
[電話]03-3943-1665
[営業時間]8時〜18時、日・祝〜17時
[休日]年末年始
[交通]地下鉄有楽町線江戸川橋駅1a出口から徒歩6分

『銀座木村家』@銀座

酒種小倉(写真左下、170円) 酒種桜(写真右下、170円)

酒種の生地が香り、こしあんはあくまで上品 桜の塩漬けが粋過ぎる

今から140余年前、日本で初めてつくられたあんパンが、木村家の「酒種あんぱん」。

イースト菌ではなく、酒種酵母を使ったどこか懐かしい香りの生地。十勝産の厳選した小豆を使うあんは上品で、へそに隠れた八重桜の塩漬けがいっそう美味しさを引き出す。桜はこしあん、小倉は粒あんを楽しめる。

『銀座木村家』
[住所]東京都中央区銀座4-5-7
[電話]03-3561-0091(代)
[営業時間]10時〜19時半※土・日・祝は〜19時
[休日]12月31日、1月1日
[交通]地下鉄銀座線ほか銀座駅A9出口から徒歩1分
(オンラインショップ有)

次のページ
あんバター...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...