SNSで最新情報をチェック

JR名古屋駅構内で7店舗のラーメン店が軒を連ねる『名古屋驛麺通り』。2021年11月に、名古屋、東京それぞれの人気店が新店舗として2店同時にオープンを果たした。その2軒とは一体どんなお店なのか実食しました。

画像ギャラリー

2000年代初頭、全国で雨後のタケノコのようにオープンラッシュが続いたラーメンテーマパーク。しかし、時代の流れとともに人気は下火になり、閉鎖も相次いでいる。

そんな中、今も多くの客で賑わっているのが、JR名古屋駅構内で7店舗のラーメン店が軒を連ねる『名古屋驛麺通り』だ。

名古屋驛麺通り

駅構内という立地の良さは言うまでもなく、北海道や博多、東京、喜多方など全国のラーメンが食べられる他、全国の有名店も出店しているのが人気の秘密だろう。

濃い味好きの名古屋人の味覚に刺さりまくる2種類の担々麺

『名驛式担々麺 しゃち福』外観

そんな『名古屋驛麺通り』に2021年11月、新たな店が2店舗同時にオープンした。まず、紹介するのは、『名驛式担々麺 しゃち福』

名古屋人はピリ辛で濃厚な味を好むせいか、ここ数年で市内には担々麺の専門店が増えていて、台湾ラーメンと人気を二分している。オープンの背景に担々麺のブームがあったのは間違いないだろう。

「クリーミー担々麺」(900円)

「濃厚なゴマの風味とラー油の辛味のバランスをお楽しみください」と、店長が持ってきたのは、看板メニューの「クリーミー担々麺」(900円)。

その名の通り、ゴマやナッツが香るクリーミーな口当たりのスープにストレートの中細麺を合わせている。その上には、粗挽きにした豚ミンチを使ったピリ辛の肉味噌と刻んだザーサイ、細切りにしたネギ、小松菜をトッピング。

辛さは1辛(無料)と2辛(+100円)、3辛(+150円)の3段階から選べ、テーブル上の山椒、ラー油、中華風カレー粉などで好みの味にカスタマイズできる。

「汁なし担々麺」(920円)

こちらは、「汁なし担々麺」(920円)。

名古屋のきしめんを思わせる平打ち麺とたっぷりの肉味噌が特徴だ。ピリ辛に味付けしたナッツや刻みザーサイも入り、複雑な味わいに仕上げている。

名古屋のきしめんを思わせる平打ち麺

平打ち麺ゆえにタレや肉味噌がしっかりと絡み、口の中でそれらの旨みが爆発する。麺を食べ終えた後、「ライス」(150円)を投入して「担々飯」で〆るのがオススメだ。

担々麺は他にも、たっぷりの野菜が入った「季節野菜の担々麺」(1000円)や岐阜県産の郡上クラシックポークを使った角煮をのせた「角煮担々麺」(1250円)を用意している。

「プレス焼売」(6個・420円)

また、サイドメニューでは、焼売の餡を餃子の皮で包んで鉄板でプレスして焼き上げた「プレス焼売」(6個・420円)が人気。

皮のパリッとした食感と肉や玉ネギの甘みが「生ビール」(550円)や「レモンサワー」(370円)と相性抜群。ちょい飲みにぴったりの一品だ。

次のページ
東京・練馬で人気の辛いラーメンが東海地区...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...