MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(21) 吉祥寺のパンケーキは『幸せ』vs.『奇跡』がデッドヒート! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(21) 吉祥寺のパンケーキは『幸せ』vs.『奇跡』がデッドヒート! の件

吉祥寺のパンケーキは現在、たぶん過渡期である。 ほかの街の事情はわからないが、吉祥寺では2016年秋に、ふわふわスフレパンケーキの店、『S』と『F』がオープン。そのパンケーキのふわふわ感を『S』は幸せと呼び、『F』は奇跡と呼んでいるんですな……。

吉祥寺のパンケーキは『幸せ』vs.『奇跡』がデッドヒート! の件


吉祥寺のパンケーキは現在、たぶん過渡期である。

ほかの街の事情はわからないが、まずファーストウェーブは、吉祥寺パルコに『J.S.パンケーキカフェ』ができた2011年春ごろ。

これは、薄い生地のパンケーキに、フルーツなどが“品よくトッピングがされている系”の時代ね。

しかし、それは『J.S.パンケーキカフェ』が閉店した2016年初頭には、たぶん終わったと思うワケ(おっさん女子の独断調べ)。

巷では、2014~2015年ごろに、ハワイ発の“超盛っちゃいました系”のパンケーキがキテたけど、なんだか吉祥寺は、そんなに盛り上がってなかったよなー、って印象。

そもそも吉祥寺とハワイって、組み合わせ的に微妙すぎる気が……。

でも、まあ、一応、1.5ウェーブだな。


トッピングの問題だからさ。

イラスト/スタジヲワンツー


そして2016年秋に、パンケーキ専門店の『S』と『F』がオープン。

吉祥寺パンケーキの、セカンドウェーブね。

ちなみに『F』は、『J.S.パンケーキカフェ』の系列だね。
どっちも食感ふわふわのスフレパンケーキの店なんだよ、これが。

しかも、製法もほぼ同じ(だと思う)。

注文してから粉や卵を配合して、低温でじっくりと焼いて、お出しします。
という感じ。


どっちの店も超大行列なんだけど、その要因のひとつが焼くのに時間がかかっているっていうことなんですよ。

そして、そのパンケーキのふわふわ感を『S』は幸せと呼び、『F』は奇跡と呼んでいるんですな。


並ぶのが大嫌いなおっさん女子なので(連載第4回参照)、ほとぼりが冷めたころに食べてみました。

いや、でも、正確に言うと、まだまだ、並んでるけどね……。


『幸せ』vs.『奇跡』 夢のふわふわ対決の(おっさん女子的)結末は……?

まず『幸せ』のほうですが、平日の15時という超中途半端な時間に入ったら、すぐ座れました。
平日は予約もできるそう。

客層は若い娘さんよりも、意外に吉祥寺マダム系です。
あとなぜか年配の夫婦が多いぞ。意外に平日はまったりしています……。

そして、プレーンをチョイスして待つこと20分。

初スフレパンケーキの印象ですけど、あのー、これって新しい感覚の卵焼きですか? 
パンケーキっていうより卵っぽさ全開。

マヌカハニーを使ったホイップクリームとカラメルソースをつけて食べるんだけど、ハッキリ言って、しょうゆと大根おろしのほうが合いそう……。

いや、ただ、確かに、すっごいふわふわだった……。

しかし、おっさん女子の大雑把でお育ちの悪い味覚には???でした。


あと、正直、3枚も食べられない……。

年配夫婦は1皿を2人でシェアしてたよ。
まあ、元気な若い娘さんは3枚ペロリだと思うけどさー。

そして一方『奇跡』のほうですが、店舗が比較的コンパクトなので、平日でも思いっきり並んでおります。

18時という中途半端を通り越した時間帯に入店。

ここでもプレーンをチョイス。

こちらも3枚だが、食感は『奇跡』のほうが軽くて、もう1皿くらいイケそうだったよ。

卵っぽさもちょうどよくて、こちらは、オリジナルのメイプルバタークリームなんだけど、甘さもおっさん女子的に大丈夫だった。

ナイフは使わず、フォーク2本で割いて食べるスタイルで、ざっくりした性格の私にはそれもよかったかな。


おっさん女子的には『奇跡』を支持させていただきたい、という結論に。

まあ、おっさん女子に支持されてもねぇ、という感じなんで恐縮ですけど。


たださー、両店ともにパンケーキ+飲み物で1300~1500円くらいなワケよ。
トッピングを増やしたら2000円コースだよね。

これは若い娘さんの財布には厳しくないか?と思ったおっさん女子だよ。

そして、さらなるパンケーキ戦争は、今も続いている……!

この、吉祥寺パンケーキ・セカンドウェーブは続いていて……。

ダイヤ街に三段重ねのスフレパンケーキ『G』があって(ここのはインスタ映えします)、アトレ吉祥寺にトッピングがゴージャスなハワイ系スフレパンケーキを出す『A』がオープン。

『A』はハワイ系雑貨の店が併設されているよ。

繰り返し書いて恐縮&老婆心だけど、吉祥寺とハワイの組み合わせって微妙よ。


今度、この連載で書くかもしれないけど。





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
5085views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt