MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

「シュングルマン」は「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和の画像をチェック! navigate_next

シュングルマン(最寄駅:八丁堀駅)

「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれるのがこちら。とりわけ150日間熟成させた「超熟成短角牛のビステッカ」は、芳醇な香りと赤身の濃厚なコクが噛むほどに口に広がる贅沢な味わい。この逸品に合わせてみてほしいと小池シェフが言うのは、ワインではなく、ウイスキーのソーダ割りだ。 なかでも「富士山麓 樽熟 」のように、豊かな樽熟香があってコクのあるウイスキーがおすすめとのこと。「それぞれの香りが調和し、口に残る脂をスッキリさせてくれて、本当に超熟成肉にピッタリなんです。シェリービネガーなどを使った料理にもよく合いますよ」 秋の夜長にゆったりとウイスキーを傾けるのもいいが、肉と合わせる食中酒としての面白さも、ぜひ楽しんでみてほしい。

超熟成短角牛のビステッカ
4800円〜

超熟成肉は、特別に業者にお願いして仕入れている、こちらの名物のひとつ。「富士山麓 樽熟50°」のハイボールは、少し濃いめに作ると、よりビステッカとの相性が深まる

富士山麓 樽熟50° ハイボール
550円

シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)
2000円〜

「シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)」はバーボンによく合う。このひと皿でゆっくりとウイスキーを味わうお客さんも少なくないとか

「富士山麓 樽熟50°」以外に「I.W.ハーパー」や「フォアローゼス」なども揃えている

シュングルマン

写真:シュングルマンの店内

[住所]東京都中央区新川2-3-7 [TEL]03-6222-8464 [営業時間]11時45分〜13時半LO、18時〜21時半LO [休日]日・祝 [席]テーブル4席×3卓、6席×1卓、2席×1卓、個室6席×1卓 計26席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線八丁堀駅A5出口から徒歩5分

電話番号 03-6222-8464
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
高過ぎるコストパフォーマンスに僭越ながら客代表で感謝状を贈りたい。その店は星付きのフランス料理店『オマージュ』の裏にある姉妹店だから『ノウラ』。
ご覧の通りのシンプルな店名。それは「ビストロ」って言葉があまり知られていなかった昭和58年から店を営んできたから。
台湾の“獅子頭”、スウェーデンの“ショットブッラル”、トルコの“キョフテ”などに代表される、いわゆるミートボールはワールドワイドな人気者。それを主役にしたのがこちらの店だ。
近くの海で獲れる魚介や旬の野菜を生かした、熱海ならではのフレンチ。シェフの福本さんは静岡県三島の調理師学校で長年講師を務めたキャリアの持ち主。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1036views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル