MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

シュングルマン(ビストロ/八丁堀)|熟成牛の香りとコクが豊かな樽熟香を持つウイスキーと絶妙に調和

「シュングルマン」は「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれる。

シュングルマン(最寄駅:八丁堀駅)

「肉好きの、肉好きによる、肉好きのための店」として、牛、豚、鶏、羊、ジビエ、シャルキュトリーなど、様々な肉料理を堪能させてくれるのがこちら。とりわけ150日間熟成させた「超熟成短角牛のビステッカ」は、芳醇な香りと赤身の濃厚なコクが噛むほどに口に広がる贅沢な味わい。この逸品に合わせてみてほしいと小池シェフが言うのは、ワインではなく、ウイスキーのソーダ割りだ。 なかでも「富士山麓 樽熟 」のように、豊かな樽熟香があってコクのあるウイスキーがおすすめとのこと。「それぞれの香りが調和し、口に残る脂をスッキリさせてくれて、本当に超熟成肉にピッタリなんです。シェリービネガーなどを使った料理にもよく合いますよ」 秋の夜長にゆったりとウイスキーを傾けるのもいいが、肉と合わせる食中酒としての面白さも、ぜひ楽しんでみてほしい。

超熟成短角牛のビステッカ
4800円〜

超熟成肉は、特別に業者にお願いして仕入れている、こちらの名物のひとつ。「富士山麓 樽熟50°」のハイボールは、少し濃いめに作ると、よりビステッカとの相性が深まる

富士山麓 樽熟50° ハイボール
550円

シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)
2000円〜

「シャルキュトリーの彩々盛り合わせ(2人前)」はバーボンによく合う。このひと皿でゆっくりとウイスキーを味わうお客さんも少なくないとか

「富士山麓 樽熟50°」以外に「I.W.ハーパー」や「フォアローゼス」なども揃えている

シュングルマン

写真:シュングルマンの店内

[住所]東京都中央区新川2-3-7 [TEL]03-6222-8464 [営業時間]11時45分〜13時半LO、18時〜21時半LO [休日]日・祝 [席]テーブル4席×3卓、6席×1卓、2席×1卓、個室6席×1卓 計26席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線八丁堀駅A5出口から徒歩5分

電話番号 03-6222-8464
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt