MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「痛風鍋」の名に恥じぬ貫禄っぷり。超ボリューム鍋!|牡蠣貝鮮 かいり(海鮮居酒屋/渋谷)

「痛風鍋」の名に恥じぬ貫禄っぷり。超ボリューム鍋!|牡蠣貝鮮 かいり(海鮮居酒屋/渋谷)

恵比寿に本店をもつ海鮮居酒屋の2号店。「痛風鍋」は店で丁寧に仕込んだあん肝、看板メニューでイチオシのカキ、クリーミーでプリプリの白子、大きな赤エビやイカなどがたっぷりと入ったインパクト十分な鍋。海鮮の旨みが溶け込んだ超ボリューム鍋!

perm_media 《画像ギャラリー》「痛風鍋」の名に恥じぬ貫禄っぷり。超ボリューム鍋!|牡蠣貝鮮 かいり(海鮮居酒屋/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

牡蠣貝鮮 かいり(最寄駅:渋谷駅)

新鮮なあん肝を溶かし、赤味噌と白味噌をブレンドしたコクと甘みが特長の“どぶ汁”が美味しさのキモだ。 素材は、老舗ホテルなどで経験を積んだ店長が毎朝築地へ行き、厳しい目利きで仕入れる。3月末までの提供予定だが、鮮度の良い白子が入手不可になったら販売終了なので注意!

痛風鍋
3218円(1人前)※注文は2人前~

「痛風鍋」の名に恥じぬ貫禄っぷり。白菜や長ネギなどの野菜やキノコ類も入り、旨みを増長させている。写真は2人前だが、3~4人でシェアしても十分なボリューム

生牡蠣
410円

四季を通していただける生ガキは、時期ごとに2~3の複数産地のものを用意。写真は大ぶりな北海道産

雑炊1人前
540円

雑炊は鍋を一度引き上げ、味を調えて提供される。素材の旨みが溶け込んだスープをしっかりと含んだご飯にとろとろの卵がたまらない

酒はコレ

雪の茅舎788円
三連星 788円
濃厚な旨さの鍋にマッチする飲み口の2本

[酒] ビール生529円 ワイングラス529円、ボトル3024円〜 焼酎540円〜、ボトル3780円〜 
日本酒140ml594円〜 
[その他のメニュー]牡蠣鍋1598円、ぶりしゃぶ2030円、あんこう鍋2678円、牡蠣の雲丹のせ焼734円、自家製あおさのさつまあげ626円など

牡蠣貝鮮 かいり

■『牡蠣貝鮮 かいり』
[住所]東京都渋谷区道玄坂2-6-15 鈴井ビル 2F
[TEL]03-6886-1851
[営業時間]17時~24時
[休日]無休
[座席]カウンター8席、3席×1卓、4席×7卓、6席×1卓 計45席/予約可/カード可/全席喫煙可/サなし、お通し410円
[アクセス]地下鉄半蔵門線渋谷駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-6886-1851
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル