MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
人に教えたくない “新宿のオアシス”スポット|飲食笑商何屋 ねこ膳(和食/新宿三丁目)

人に教えたくない “新宿のオアシス”スポット|飲食笑商何屋 ねこ膳(和食/新宿三丁目)

新宿で24時間・年中無休営業にも関わらず、50円から小鉢、500円から定食が楽しめる。旨い安い居心地よし!の太鼓判店。

飲食笑商何屋 ねこ膳(最寄駅:新宿三丁目駅)

新宿で24時間・年中無休営業にも関わらず、50円から小鉢、500円から定食が楽しめる。ほうれん草のおひたしやコロッケひとつをとっても、手作りの味で心からほっとできる店。またつやつやと光った精米したての白米が美味しい! 大盛り(無料)でもすいすいと食べられる。ちょい呑みからしっかりとした食事までメニュー豊富のため、どれで腹を満たそうか迷ってしまうほどだ。

ねこ膳ミックス定食(コロッケ1コ、チキンカツ1コ、ウィンナフライ2コ)
630円

フライから和食まで多様な定食があり、200円引きでご飯・みそ汁無しの注文も可。都会に疲れたら絶対にこの店に寄るべし!

飲食笑商何屋 ねこ膳

■『飲食笑商何屋 ねこ膳』
[住所]東京都新宿区新宿5-17-1
[TEL]03-3200-1710
[営業時間]24時間 ※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]都営新宿線新宿三丁目駅E1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3200-1710
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt