MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京にいながらご当地蕎麦が味わえる名店5選!わんこそばにも挑戦!

東京にいながらご当地蕎麦が味わえる名店5選!わんこそばにも挑戦!

のど越し、風味……未知なる味に驚き!ご当地蕎麦に舌鼓!日本で広く愛される料理のひとつだけに、蕎麦は郷土によって食べ方、味わいが違う。東京にいながら、そんな郷土の美味を愉しませる店を集めてみた。わんこそばにも挑戦!

新潟の味をすする!『越後屋』(最寄駅:末広町駅)

へぎそば(2人前)
1940円(14時までは1800円)

【 蕎麦データ 】
材料 国産蕎麦粉+布海苔
細さ 1.5㎜前後
ダシ 鰹節、昆布、アゴなど
具材 ネギ(薬味)

表面が非常に滑らかなので、のど越しがとにかく抜群。“プリッ”とした独特の弾力も歯に心地良く響く。店で削った鰹節やアゴダシで作るまろやかなつゆが、この蕎麦をさりげなく引き立てている。夜は新潟県の郷土料理をはじめとした、つまみも充実。八海山、〆張鶴、麒麟山など、県産の銘酒とともに愉しむのもいい。

[住所]東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル 地下1階 [TEL]03-3836-3226 [営業時間]11時〜22時半LO、土は21時LO、日・祝は18時LO※ランチタイム有 [休日]年始 [座席]カウンター5席、テーブル55席、6名用個室1室、20名用個室1室 計86席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし、アルコール注文の場合のみ14時まではお通し代100円別、それ以降は500円別 [アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分

津軽の味をすする!『手打ちそば 芳とも庵』(最寄駅:牛込神楽坂駅)

地獄そば
1580円

【 蕎麦データ 】
材料 国産蕎麦粉+呉汁
細さ 1㎜前後(季節によって変わる)
ダシ 鰹節厚削り
具材 辛味大根おろし+かいわれ大根+鰹節

徹底した温度管理の元で保存された玄蕎麦を、使用する分だけ店内にある石臼で挽く。これを水ではなく大豆をひと晩浸水させてから、滑らかにすり潰した“呉汁”で打つのが最大の特徴だ。噛みしめればふくよかな蕎麦の香りの中から、大豆が持つ優しい甘みが顔をのぞかせる。また、つなぎなしの“生粉打ち”や香り高い“粗挽き”蕎麦も用意。すべての蕎麦を味わえる「三種盛り」(1500円)もおすすめだ。

[住所]東京都新宿区納戸町10 [TEL]03-3235-7177 [営業時間]11時半〜14時半、17時半〜21時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]第1・3日、月 [座席]テーブル2席×1卓、4席×3卓、8席×1卓 計22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代300円別 [アクセス]都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩8分

京都の味をすする!『京都鴨そば専門店 浹(あまね)』(最寄駅:三越前駅)

鴨そば
1100円

【 蕎麦データ 】
材料 国産蕎麦粉+小麦粉
細さ 0.5㎜前後
ダシ 昆布を中心に鰹節、サバ節
具材 合鴨、九条ネギ

関西のつゆに着目して作り上げたのがこの1杯。基本となるのは、漁師を指定して仕入れる羅臼昆布や真昆布だ。これをひと晩水につけ、翌朝じっくり低温で煮出して澄んだ旨みのダシをとる。ここに鰹節や鯖節でさらなる深みを与え、淡口醬油などで味付けすれば完成だ。蕎麦はそのダシの風味を引き立てるよう、おだやかな香りの蕎麦粉で打つ。熱々のつゆをすすれば昆布の上品な風味が口いっぱいに広がってくる。

[住所]東京都中央区日本橋小舟町4-10 大宮ビル1階 [TEL]03-6206-2853 [営業時間]11時〜14時半(14時LO)、17時半〜22時半(22時LO)、土は昼のみの営業で11時〜売り切れ次第終了  ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [座席]カウンター8席、テーブル2席×5卓、4席×2卓 計26席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A6出口から徒歩5分

福井の味をすする!『御清水庵 清恵』(最寄駅:三越前駅)

おろしそば
850円

【 蕎麦データ 】
材料 福井県産蕎麦粉+小麦粉
細さ 1.5㎜前後
ダシ 鰹節、昆布(かえしに加える)
具材 鰹節、ネギ(薬味)

契約農家から毎朝届く挽き立ての蕎麦粉を使用し外二で打つ蕎麦は、ふくよかな香りが満点。合わせるつゆは、青首大根の搾り汁に少量の“かえし”を加えたもので、これこそ越前蕎麦の真骨頂。キリリとした辛みが蕎麦の素朴な甘みを充分に引き立ててくれるのだ。夜は「鯖の一本焼」をはじめとした福井の郷土料理で盃を傾けたい。

[住所]東京都中央区日本橋室町1-8-2 日本橋末広ビル1階 [TEL]03-3231-1588 [営業時間]11時〜14時半(14時20分LO)、17時〜22時(21時LO)、日は昼のみの営業 ※ランチタイム有 [休日]土・祝 [座席]テーブル31席、個室25席 計56席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/夜のみ予約可/カード可/コース注文の場合はサ10%別、お通し代300円別 [アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅B6出口から徒歩1分

岩手の味、わんこそばに挑戦!『わんこそば たち花』(最寄駅:東白楽駅)

▲盛岡名物 わんこそば食べ放題は、大人:2,950円

東白楽にある『わんこそば たち花』。ここは東京近郊でおそらく唯一、わんこそば体験ができる店なのだ。席に通されると目の前に置かれるのは、薬味皿とおかずの重箱。
係りのお兄さんが「はい、じゃんじゃん。はい、どんどん」というかけ声と共にテンポよく器に蕎麦を投入してくる。わんこそばは15杯で通常の約1人前の量らしい。

[住所]神奈川県横浜市神奈川区白楽5-13 [TEL]045-431-9445 [営業時間]11時半〜21時LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [アクセス]東急東横線東白楽駅から徒歩2分 

おわりに

まるで旅行をしたかのように、ご当地のお蕎麦が食べられるお店を厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたか?気になるお店がみつかったら、さっそく足を運んでみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1162views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20929views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
5125views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt