MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名物のイクラ丼は780円!価格と質で勝負する驚きの店|いくら丼 波の(魚介料理・海鮮料理/自由が丘)

名物のイクラ丼は780円!価格と質で勝負する驚きの店|いくら丼 波の(魚介料理・海鮮料理/自由が丘)

驚異のコスパを誇る店!北海道産のイクラをたっぷりのせた丼が、まさかの780円!

いくら丼 波の(最寄駅:自由が丘駅)

 そこで気になるのはお味の方だが、プチッと弾けるイクラを頬張れば、濃厚なコクが口いっぱいに広がり、ひと晩漬け込んで味をしみ込ませた自家製の醤油ダレがそれをくまなく引き立てる。ついつい無心になってご飯をかき込むこと間違いナシ。他にも「天然鮪すき身丼」(780円)や「鮭と鱒のいくら食べ比べ丼」(780)円など手頃な丼を揃えているが、財布に余裕があればぜひ試して欲しいのが「いくら&生うに丼」(写真奥)。1980円と少々値は張るものの、超高級なウニをふんだんにのせるため、原価割れの赤字メニューなのだ。トロリと甘~いウニとイクラ、2大スターの共演もご堪能あれ!

いくら丼
780円

漬けダレに牡蠣醤油を使用することで、まろやかな旨みがイクラのコクを引き立てる

いくら丼 波の

東京都目黒区自由が丘1-3-22 [TEL]非公開 [営業時間]11時半~14時半LO、月~土 16:00〜23:00 、日 16:00〜21:00 ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅北口から徒歩3分

電話番号 非公開
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7655views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt