MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
希少部位が入った焼肉定食やローストビーフ重が1500円以下!|山形山 月島店(焼肉/月島)

希少部位が入った焼肉定食やローストビーフ重が1500円以下!|山形山 月島店(焼肉/月島)

品書きを前にして、思わず唸る。定番の焼肉定食のほか、ローストビーフ重、牛カツ定食、ユッケ丼、果ては釜めしや肉そばに至るまで、ランチだけでザッと20種類以上。

山形山 月島店(最寄駅:月島駅)

「山形県は食材の宝庫。山形牛はもちろん、郷土料理の魅力も広めたくて店を始めました」と、話す店主の沼田さん。焼肉店ではめずらしい本格派の釜めしは、山形県産米「つや姫」を最大限に美味しく食べてもらうために考案されたという。一頭買いする山形牛のメニューもお値打ち。サーロインなどの極上部位が入る切り落とし定食や、たっぷりと敷き詰められたローストビーフには「出したときにワッと驚かせるのが好きなんです」という店主の心意気があらわれている。古民家をイメージして造られた内装も居心地がいい。

山形牛ローストビーフ重
1500円

艶やかな赤身のローストビーフは、ご飯が見えないほどびっしり。低温調理でモモ肉をしっとりジューシーに仕上げてある。山形の老舗醤油店「丸十大屋」の醤油に大根おろしなどを和えたタレが後を引く

山形牛切り落としMIX定食(100g)
1500円

この日の部位はモモ、イチボ、三角バラ、サーロインなど。希少部位でもこの値段で惜しみなく提供できるのは、一頭買いのなせる技だ。150gは2150円、200gは2800円。漬け物も山形の老舗店から取り寄せたもの。ご飯はおかわり無料

山形牛リブロース釜めし
1380円

霜降りのリブロースをのせて炊き上げ、肉の甘みや旨みがしみ込んだ「つや姫」の味わいは絶品のひと言。黄身を崩して絡めれば、長ネギやゴボウの風味と相まってすき焼き風に。各定食のご飯は800円増でこの釜めしに変更できる

山形山 月島店

[住所]東京都中央区月島1-5-2 [TEL]03-6228-2954 [営業時間]11時半~14時半、17時~23時45分、土・日・祝11時半~23時45分(ランチ~14時) ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター8席、テーブル16席、個室16席 計40席/全席禁煙/カード可/予約可/夜はお通し324円別、サなし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか月島駅7番出口から徒歩1分

電話番号 03-6228-2954
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt