MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名物中の名物!垂涎必至の塊焼肉!|焼肉×バル マルウシミート 新橋店(焼肉/新橋)

名物中の名物!垂涎必至の塊焼肉!|焼肉×バル マルウシミート 新橋店(焼肉/新橋)

銀座で人気の焼肉店が激戦区・新橋で待望の姉妹店を誕生させた。最大の魅力は斬新な名物メニューの数々だ。

焼肉×バル マルウシミート 新橋店(最寄駅:新橋駅)

築地直送の生ウニと極上リブロースがコラボしたスペシャリテ「リブ芯の贅沢うにロール」を筆頭に、赤身肉の塊を豪快に焼く「マルウシロック」(1日限定10食)などビジュアル満点の料理が新橋の肉食を唸らせている。牛はプロが選んだA5・A4ランクの黒毛和牛で、もちろん味はお墨付き。自慢のリブロースは常時50本を自社で保有し、最大35日熟成。その時に一番いい状態のものが随時店に運ばれてくる。カットして約2時間後が最も美味という独自の研究から、提供するおおよその時間を逆算して作業するこだわりようだ。バルスタイルの気軽さもいい。

マルウシロック(約250g)
2980円

250gの赤身ブロックを豪快に網の上へ。表面を焼いて旨みを閉じ込める。この日の部位は肩三角

絶品カルビ(塩)
1200円

厚切りにカットした贅沢カルビ

リブ芯の贅沢うにロール(2枚)
1780円

特製ダレを絡めたリブロースに生ウニを巻いて食す贅沢コラボ。焼き過ぎず最高の状態で食べられるようスタッフが焼いてくれる

[酒] ビール生580円~ 焼酎グラス480円~、ボトル2800円~ ワイングラス460円~、ボトル2000円~ 日本酒グラス560円~ 
[その他のメニュー] 黒毛和牛の切り落としカルビ680円、赤身ロース780円、極上厚切りタン(2枚)1160円、銀座のプレミアロース(2枚)1080円、中落ちカルビ880円、トマト冷麺500円など

焼肉×バル マルウシミート 新橋店

■『焼肉×バル マルウシミート 新橋店』
[住所]東京都港区新橋3-6-5 佐藤ビル1・2階
[TEL]03-5501-2261
[営業時間]17時~23時(22時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:17時~22時(21時LO)
[休日]年末年始
[座席]1階テーブル22席、2階テーブル29席、計51席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し300円別
[アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

電話番号 03-5501-2261
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt