SNSで最新情報をチェック

岐阜の郷土料理の花形「朴葉焼き」。『飛騨居酒屋 蔵助』では、ランチに定食でいただくことができます!飛騨牛×味噌、さらにマヨネーズでの味変でご飯のおかわり必至です。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

飛騨牛 朴葉みそ焼き定食(1100円)朴葉の上に広げて炙れば、たちまち食欲をそそる香りが立ち上る。デザートに栗最中アイスが付く

これぞ岐阜名物 コンロで炙って香り立つ朴葉味噌

漬物ステーキに、とんちゃん(ホルモン煮込み)、けいちゃん(鶏の野菜炒め)、五平餅。そんな山の恵みたっぷりの岐阜の郷土料理の中でも花形は朴葉焼きだろう。

在京県人もわんさか訪れるこちらの居酒屋では、昼にそれを定食で出す。

合わせ味噌で味付けした飛騨牛の切り落としを朴葉に乗せ、下からコンロの火でじわじわ炙り、香ばしい匂いが立ち上れば、いざ食べごろ。

上質な牛肉のコクと風味に、ほんのり甘い地元産の味噌が絡み合い、くるおしいほどご飯を呼ぶ!

ちなみに米も飛騨産コシヒカリで、炊きたてのツヤツヤだ。

ふと見ればテーブルに準備されているのがマヨネーズ。「すごく合うから試してみて」と店長の高岡さん。

チョロッとかければコクも旨みも倍増し、ご飯は2杯目に突入だ。

『飛騨居酒屋 蔵助』の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田駿河台3-5-15 荒井ビル2階 [TEL]03-3296-3551 [営業時間]11時半~14時LO※料理が無くなり次第終了、17時~23時(22時半LO) [休日]日・祝  [交通アクセス]地下鉄千代田線新御茶ノ水駅B3b出口から徒歩2分

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2022年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...