MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

「かに愛知屋」は明治35年創業し戦後、酒屋からカニ料理屋に鞍替えした。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。[交]黄金町駅、阪東橋駅5番出口

perm_media 《画像ギャラリー》かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)の画像をチェック! navigate_next

かに愛知屋(最寄駅:黄金町駅)

現在暖簾を守るのは、4代目のご主人。横浜市中央卸売市場でセリ人として勤めた経験を生かし、毎朝市場で目に適ったものだけを仕入れる。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。

たらばがに(中)脚ゆで 片身
9180円

上「たらばがに(中)脚ゆで 片身」タラバの脚ゆでは一番人気。自家製のかに酢でいただくと、濃厚な旨みがより際立つ 

右下「かに甲羅焼」1080円ズワイガニや毛ガニなど数種類のカニのむき身がぎっしり。きめ細かいホワイトソース、カニの複雑な甘み、中に潜むマカロニやホタテの貝柱の味が見事に溶け合う 

左下「かに汁大椀」澄んだ和風ダシに渡りガニの旨みがじんわり染み出て、ホッとする優しい味わい。日によりカニの種類や価格は異なる

姿たらば特大

この日のタラバ姿は、炊き上がりで4kg弱という特大サイズ。6~7人分のボリュームがある。3万2400円

タラバの豪快な脚肉。肉厚な上にキュッと締まっていて、食べ応え十分

[酒] 生グラス432円、大瓶648円 グラス540円~ 375ml1620円 300ml648円~ [その他のメニュー] かにサラダ大盛り1620円、ずわいかに脚上大盛り3780円、かに春巻き1620円など ※内容や値段は仕入れで変わる

かに愛知屋の関連記事

かに愛知屋

■『かに愛知屋』
[住所]神奈川県横浜市中区伊勢佐木町7-156 
[電話]045-251-4163
[営業時間]15時~22時
[休日]月曜日
[座席]1階:カウンター6席、テーブル4席×6卓、2階:カウンター6席、テーブル4席×5卓、小上がり6席×2卓、3階:座敷40席 計108席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京急本線黄金町駅、横浜市営地下鉄阪東橋駅5番出口から徒歩3分

電話番号 045-251-4163
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
横須賀沖に浮かぶ猿島を望む新安浦港に水揚げされた海産物のみを扱う直売所。
 店頭にはイスとテーブルがあり、買ったばかりの刺身などを、なんともうれしい買い食い感覚で味わえ、常連さんはオニギリなどを持ち込んで東京湾の海の幸に舌鼓を打っているという。
漁協が運営する食堂のパイオニア!
もはやここで食事をすることだけを目的に南房総へ訪れる人も後を絶たない、内房を代表する集客スポットでもあるのが、ここ『ばんや』だ。
横浜シーパラダイスのすぐ横に佇む“柴漁港”。そのかたわらに鎮座する、人気の漁協直営食堂だ。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル