MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

かに愛知屋|元セリ人の4代目店主が抜群の目利きで仕入れるカニ(カニ料理/黄金町)

「かに愛知屋」は明治35年創業し戦後、酒屋からカニ料理屋に鞍替えした。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。[交]黄金町駅、阪東橋駅5番出口

かに愛知屋(最寄駅:黄金町駅)

現在暖簾を守るのは、4代目のご主人。横浜市中央卸売市場でセリ人として勤めた経験を生かし、毎朝市場で目に適ったものだけを仕入れる。タラバガニを看板に、ズワイガニや毛ガニ、ときにはモクズガニやセイコガニを揃え、質や鮮度はもちろん、熟練の板前による丁寧な調理もさすがのひと言。老舗ながら気さくな雰囲気で、軽く一杯からカニ三昧まで思い思いに楽しめる。

たらばがに(中)脚ゆで 片身
9180円

上「たらばがに(中)脚ゆで 片身」タラバの脚ゆでは一番人気。自家製のかに酢でいただくと、濃厚な旨みがより際立つ 

右下「かに甲羅焼」1080円ズワイガニや毛ガニなど数種類のカニのむき身がぎっしり。きめ細かいホワイトソース、カニの複雑な甘み、中に潜むマカロニやホタテの貝柱の味が見事に溶け合う 

左下「かに汁大椀」澄んだ和風ダシに渡りガニの旨みがじんわり染み出て、ホッとする優しい味わい。日によりカニの種類や価格は異なる

姿たらば特大

この日のタラバ姿は、炊き上がりで4kg弱という特大サイズ。6~7人分のボリュームがある。3万2400円

タラバの豪快な脚肉。肉厚な上にキュッと締まっていて、食べ応え十分

[酒] 生グラス432円、大瓶648円 グラス540円~ 375ml1620円 300ml648円~ [その他のメニュー] かにサラダ大盛り1620円、ずわいかに脚上大盛り3780円、かに春巻き1620円など ※内容や値段は仕入れで変わる

かに愛知屋の関連記事

かに愛知屋

■『かに愛知屋』
[住所]神奈川県横浜市中区伊勢佐木町7-156 
[電話]045-251-4163
[営業時間]15時~22時
[休日]月曜日
[座席]1階:カウンター6席、テーブル4席×6卓、2階:カウンター6席、テーブル4席×5卓、小上がり6席×2卓、3階:座敷40席 計108席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京急本線黄金町駅、横浜市営地下鉄阪東橋駅5番出口から徒歩3分

電話番号 045-251-4163
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt