MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(25)エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー

名古屋エリア限定グルメ情報(25)エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー

名古屋めしの一つとして定着しているエビフライ。約30年前、タモリさんが「名古屋の人はエビフライをごちそうだと思っている」と、しかもご丁寧に「えびふりゃ~」と名古屋弁に変換して(笑)、いじったのがきっかけだった。それをチャンスと捉え、大きなエビフライを出す店が増えて名古屋名物として認知されたのである……。

エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー


名古屋めしの一つとして定着しているエビフライ。

そのイメージが広がったのは、約30年前。

タモリさんが「名古屋の人はエビフライをごちそうだと思っている」と、テレビやラジオでさんざんイジリまくったのがきっかけだった。

しかも、ご丁寧に「えびふりゃ~」と名古屋弁に変換して(笑)。


それをチャンスと捉え、大きなエビフライを出す店が増えて、名古屋名物として認知されたのである。


実際、名古屋人は、エビフライをごちそうだとは思わないまでも、好きであることは間違いない。

正確に言えば、エビフライに限らず、エビ料理全般が好きなのだ。

ちなみに愛知県の県魚も車エビ。

三河湾産の車エビは東京の高級料亭や寿司店でも重宝されるほどの全国ブランドであり、名古屋とエビはもともと深い関係にあるのだ。


そんなエビ好き名古屋人のニーズにしっかりと応えているのが、名古屋市の隣町、あま市にあるエビ料理専門店『花菖蒲』だ。


「これまで料亭やホテルの日本料理店で働いてきましたが、なにかに特化したものを出そうと。
カニ料理は大手のチェーン店があるから、エビ料理にしました。

名古屋の人はエビが好きだし、エビは刺身にしたり、煮たり、焼いたりと調理法を選びませんからね」と、店主の松永聖道さん。

ディナーで人気なのは、活車エビの刺身や車エビの鉄板焼き、エビの天ぷらなど5種類のエビ料理が堪能できる「ぷりぷり海老コース」(3800円)。



コースのなかでも圧巻は、「車エビの塩焼き」。

15センチはある大ぶりな車エビに塩を振って焼いただけのシンプルなメニューだが、丁寧に焼き上げた身はしっとりとした食感。

噛むごとに広がる、ほのかで上品な旨みがたまらない。




「塩焼きには車海老、海老フライにはブラックタイガー、刺身にはボタン海老や甘エビ、唐揚げには赤車海老と、メニューごとに使い分けています。
調理法やエビの種類によって味の違いを楽しんでください」(松永さん)




「ぷりぷり海老コース」は、定番のエビ料理を組み合わせたものになるが、ココだけのオリジナルメニューもある。

それが、「石焼き丼」がメインの「石焼き丼コース」(昼1650円、夜1750円)だ。




「石焼き丼」は、熱々の石焼き鍋に、やや大きめのおにぎりと刺身用のホタテ貝柱を入れて、その上に生け簀で直前まで生きていた車エビをのせてある。

食べる際には、その上から、お吸い物よりもやや濃いめのだし汁をかける。



石焼きビビンバのように、よくかき混ぜる。

そしてハフハフ、フーフーしながら食す。

ご飯の一粒一粒に車エビとホタテの旨みと香りがしっかりと染み込んでいて、めちゃくちゃ旨い!

この「石焼き丼」のほか、刺身や天ぷら、小鉢、赤だし、香の物、デザートも付く。


エビは「腰が曲がるまで長生きできるように」と長寿を願う縁起物でもある。

祖父母や両親の誕生日や記念日にエビ三昧のコースをごちそうしてみてはいかがだろう?



花菖蒲
愛知県あま市下萱津坪井54
[TEL]052-414-7020
[営業時間]11時~14時、16時半~21時半(21時L.O.)
[定休日]月曜


 






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt