MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(25)エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー

名古屋エリア限定グルメ情報(25)エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー

名古屋めしの一つとして定着しているエビフライ。約30年前、タモリさんが「名古屋の人はエビフライをごちそうだと思っている」と、しかもご丁寧に「えびふりゃ~」と名古屋弁に変換して(笑)、いじったのがきっかけだった。それをチャンスと捉え、大きなエビフライを出す店が増えて名古屋名物として認知されたのである……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(25)エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニューの画像をチェック! navigate_next

エビ好き名古屋人が感涙! エビ料理専門店『花菖蒲』のエビづくしメニュー


名古屋めしの一つとして定着しているエビフライ。

そのイメージが広がったのは、約30年前。

タモリさんが「名古屋の人はエビフライをごちそうだと思っている」と、テレビやラジオでさんざんイジリまくったのがきっかけだった。

しかも、ご丁寧に「えびふりゃ~」と名古屋弁に変換して(笑)。


それをチャンスと捉え、大きなエビフライを出す店が増えて、名古屋名物として認知されたのである。


実際、名古屋人は、エビフライをごちそうだとは思わないまでも、好きであることは間違いない。

正確に言えば、エビフライに限らず、エビ料理全般が好きなのだ。

ちなみに愛知県の県魚も車エビ。

三河湾産の車エビは東京の高級料亭や寿司店でも重宝されるほどの全国ブランドであり、名古屋とエビはもともと深い関係にあるのだ。


そんなエビ好き名古屋人のニーズにしっかりと応えているのが、名古屋市の隣町、あま市にあるエビ料理専門店『花菖蒲』だ。


「これまで料亭やホテルの日本料理店で働いてきましたが、なにかに特化したものを出そうと。
カニ料理は大手のチェーン店があるから、エビ料理にしました。

名古屋の人はエビが好きだし、エビは刺身にしたり、煮たり、焼いたりと調理法を選びませんからね」と、店主の松永聖道さん。

ディナーで人気なのは、活車エビの刺身や車エビの鉄板焼き、エビの天ぷらなど5種類のエビ料理が堪能できる「ぷりぷり海老コース」(3800円)。



コースのなかでも圧巻は、「車エビの塩焼き」。

15センチはある大ぶりな車エビに塩を振って焼いただけのシンプルなメニューだが、丁寧に焼き上げた身はしっとりとした食感。

噛むごとに広がる、ほのかで上品な旨みがたまらない。




「塩焼きには車海老、海老フライにはブラックタイガー、刺身にはボタン海老や甘エビ、唐揚げには赤車海老と、メニューごとに使い分けています。
調理法やエビの種類によって味の違いを楽しんでください」(松永さん)




「ぷりぷり海老コース」は、定番のエビ料理を組み合わせたものになるが、ココだけのオリジナルメニューもある。

それが、「石焼き丼」がメインの「石焼き丼コース」(昼1650円、夜1750円)だ。




「石焼き丼」は、熱々の石焼き鍋に、やや大きめのおにぎりと刺身用のホタテ貝柱を入れて、その上に生け簀で直前まで生きていた車エビをのせてある。

食べる際には、その上から、お吸い物よりもやや濃いめのだし汁をかける。



石焼きビビンバのように、よくかき混ぜる。

そしてハフハフ、フーフーしながら食す。

ご飯の一粒一粒に車エビとホタテの旨みと香りがしっかりと染み込んでいて、めちゃくちゃ旨い!

この「石焼き丼」のほか、刺身や天ぷら、小鉢、赤だし、香の物、デザートも付く。


エビは「腰が曲がるまで長生きできるように」と長寿を願う縁起物でもある。

祖父母や両親の誕生日や記念日にエビ三昧のコースをごちそうしてみてはいかがだろう?



花菖蒲
愛知県あま市下萱津坪井54
[TEL]052-414-7020
[営業時間]11時~14時、16時半~21時半(21時L.O.)
[定休日]月曜


 






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル