MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(27) 1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!

名古屋エリア限定グルメ情報(27) 1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!

愛知県外の方が名古屋めしを堪能するには、日帰りや1泊2日ではとても無理。味噌かつや味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、ひつまぶし、あんかけスパ……と、やたら種類が多く、どれもボリュームがあるので食べ歩きには向かないのだ。そこでオススメしたいのが『さがみ庭 キャッスルプラザ店』……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(27) 1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!の画像をチェック! navigate_next

1度に7種類もの名古屋めしが堪能できる「名古屋めし会席」の全貌に迫る!

愛知県外の方が名古屋めしを堪能するには、日帰りや1泊2日ではとても無理である。

味噌かつや味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、ひつまぶし、あんかけスパ……と、やたら種類が多く、どれもボリュームがあるので食べ歩きには向かないのだ。

だから、最低でも2泊3日は必要である。


とはいえ、そこまで休みを取るのも難しいだろう。

そこでオススメしたいのが、名古屋駅前のホテル『キャッスルプラザ』の地下1階にある『さがみ庭 キャッスルプラザ店』だ。


ここは愛知県を中心に展開する和食・麺類のチェーン『サガミ』が経営母体。

しかし、使用する食材もまったく違ううえ、修業を積んだ和食の料理人が一から作り上げているので、チェーン店とは完全に一線を画しているのである。


メニューは、和食のコース(3800円~)が中心だが、「うなぎひつまぶし」(4000円)や「コーチンみそ煮込(天ぷら付き)」(2700円)、「初代名古屋コーチンひつまぶし」(3600円)など名古屋めしも揃う。

なかでも私がオススメしたいのは、「なごやめし会席」(6200円)。

このコース、全10品のうち7品が名古屋めしなのだ。

つまり、1度に7種類もの名古屋めしが楽しめるのだ。


1度に7種の名古屋めしが楽しめる「なごやめし会席」大充実の内容は……?


では、コースの具体的な内容を紹介しよう。

まずは、居酒屋では定番の「どて煮」。

牛スジやこんにゃくを八丁味噌とともにじっくりと煮込んであり、味が染みまくり。

「蓬莱泉」(1合1300円)や「醸し人九平次」(1合2300円)など豊富に揃う愛知県産の地酒によく合う。


次は、皮目をパリッと焼き上げた「コーチン焼」。

噛むごとにほとばしるジューシーな肉汁とともに濃厚な旨みがジュワッと広がる。

日本酒はもちろん、ビールのアテにも最適だ。



続いて、「コーチン手羽先」と「みそ串カツ」。

ちなみに『サガミ』の手羽先は、2017年6月に開催された「手羽先サミット2017」でグランプリを獲得するなど地元では評判が高い。

しかも、こちらではコーチンの手羽先である。

鶏の手羽先と比べて、大ぶりで肉厚、そしてジューシー。

手羽先の最高峰だ。


また、みそ串カツの味噌ダレも本場仕込みで旨い。



こちらは、「きしめん」。

もっちりとした食感の麺は、まさしくホンモノの味。

濃い味の料理が続いたので、箸休めにぴったりだ。


圧巻は、店の名物でもある「うなぎひつまぶし(小)」。

時季によって産地は異なるが、厳選した国産鰻を使用。

皮はパリッと、身はふんわりと仕上がっている。


1杯目は、そのまま。

2杯目は、ワサビやネギ、海苔の薬味をのせて。

3杯目は、だし汁でお茶漬けにしていただこう。


上記以外にも日替わりの「前菜」と「造里」、「茶碗蒸し」、デザートに「蓮餅」も付く。

これで6200円はかなりお得だ。



名古屋めしは、豆味噌やたまり醤油を使ったものが多く、茶色が中心の色合いになる。

だから、どうしてもジャンキーなイメージになってしまう。

しかし、和食の料理人が会席料理風にあしらうと、どこかよそ行きの雰囲気になるから不思議だ。

私自身、名古屋めしは専門店に勝るものはないと思っていたが、どれもきちんと作ってあり、専門店と遜色なかったのも印象に残った。


名古屋駅前とアクセスも良いので、県外の方にもオススメしたい。


■『さがみ庭 キャッスルプラザ店』
[住所]名古屋市中村区名駅4-3-25 キャッスルプラザ地下1階 [TEL]052-414-6006 [営業時間]7時~9時半、11時半~14時、17時~22時 [休日]無休




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル