SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・池袋にある焼き鳥店『母家』です。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

タレの旨さを再発見させてくれた唯一無二の老舗の味に感動

セットやコースはなく、注文はお好みで2本ずつ。店内は小上がりの座敷に年代物の椅子とテーブルが並んでいる。そうそう昔の焼鳥屋ってこんな感じだったっけ。今年で46年目を迎え、店内はどこもかしこもセピア色に変わったが、色褪せないのが焼鳥の旨さだ。

レバ264円、皮264円
いわいどりのねぎま385円、手羽462円、ササミ286円

【手前の皿】左から、レバ264円、皮264円 【奥の皿】手前から、いわいどりのねぎま385円、手羽462円、ササミ286円
(手前)3度つけ焼きにして艶やかなテリをまとったレバ、皮は脂の甘みをすっきりとしたタレが引き立てる(奥)おだやかに利かせた塩が素材の味を上品に引き立てる

特にタレ焼きはハズせない。初代が全国を巡って研究したという創業以来継ぎ足すそれは、酒との合わせに狙いを定めたすっきりとした辛口。クセのない「レバ」や、パリッと焼かれた「皮」に絡まれば、素材の滋味が倍加する。

となれば日本酒だ。揃えは秋田清酒のボトルに限定し、中でも「刈穂 母家」は同店の焼鳥に合わせて醸されたオリジナル。他では真似のできぬ組み合わせに老舗の底力を見せつけられた。

『やきとり母家』

『やきとり母家』の店舗情報

[住所]東京都豊島区南池袋1-12-6
[電話]03-5950-0377
[営業時間]11時半~13時半LO、17時~23時(22時半LO、土・祝16時~)
[休日]土・祝の昼、日
[交通]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩5分

撮影/鵜澤昭彦、取材/菜々山いく子

※2022年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...