MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」|ふるさとの宿こばせ(越前町)

作家・開高健がこよなく愛した冬の味!8杯のセイコガニをのせた豪快で贅沢な幻の丼、その名も「開高丼」!食い道楽でも知られた作家・開高 健。彼が著書『地球はグラスのふちを回る』の中で絶賛している丼がある。福井の温泉宿「こばせ」で提供する、2合のコシヒカリに8杯のセイコガニの身とミソを豪快にのせた、その名も「開高丼」だ。

ふるさとの宿こばせ(最寄駅:武生駅)

手間暇かけてほぐされた繊細な身、独特の甘みを持つミソが口の中で奏でる旨さは、言葉では言い表せない幸せの味。セイコガニ漁解禁を受け、11月8日から12月末までしか食べられない贅沢丼ということもあり、すでに予約で埋まりつつあるが、ぜひ足を運んでみてほしい。頬が落ちること間違いなしだ。

開高丼
11400円

豪快で絶品な「開高丼」(半分の大きさのものは6800円)。こちらに人数分のお吸い物、香の物、フルーツがつく。要予約。開高氏はひとりで平らげたというが、2~4人でシェアして食べる人が多い

丼にのるセイコガニ8杯分の身と内子、そしてミソ。開高氏は著書『開高一番』の中で、「これほど繊細精巧をきわめた、めざましく襞細かな作品(後略)」と書き記している

セイコガニは福井県で水揚げされたメスのズワイガニの別称 4/開高氏が遺した色紙なども数多く残り、展示されている

[酒] 生540円、中瓶712円 グラス432円~、ボトル2700円 なし グラス702円、ボトル(オリジナル吟醸酒)2700円など [その他のメニュー]越前がに7000円~、カニのアライ3500円~(1人前・2人前より)、季節の会席4000円~(4月~10月)、越前カニ会席10800円~(11月~3月)など

ふるさとの宿こばせ

■『ふるさとの宿こばせ』
[住所]福井県丹生郡越前町梅浦58-8 
[電話]0778-37-0018 
[開高丼]お昼食でのご提供は11月8日〜12月27日、12月28日から1月5日までは宿泊のみの営業となります。※ご利用には必ず予約が必要になります。前日までにご予約をお願いいたします。
[アクセス]]JR北陸本線武生駅よりバスで約1時間 クルマ:東名~名神~北陸自動車道鯖江I.C 約7時間

電話番号 0778-37-0018
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル