SNSで最新情報をチェック

フードスタイリストでライターの田村佳奈子が、約10種類の中でも一番使える「白だし」をレコメンド。家庭の料理が上品な味わいに変身する、まさに魔法の「白だし」は、その名もなんと「まほうだし」。その魅力をレシピ付きでご紹介します!

画像ギャラリー

ここ数年で定番の調味料となった「白だし」。人気の理由はこれひとつで味が決まる、というところ。

「白だし」は、カツオや昆布などでとったダシに醤油、みりん、砂糖などで調味したもので、和食によく使用されているため、料亭の味のように仕上がるところもいい。

さまざまな料理に使いやすく、色が薄いので茶碗蒸しやだし巻き卵、お吸い物や煮物など素材の色を生かした料理に最適です。

うどんのダシもこれひとつでOK!
うどんのダシもこれひとつでOK!

お気に入りの白だし「まほうだし」

「まほうだし」594円
「まほうだし」594円

我が家でも欠かせない存在になっている「白だし」ですが、今まで10種類ほど使ってみて一番気に入ったのが「まほうだし」(594円)という名の白だし。

この「まほうだし」はカツオと昆布の風味がしっかりありながら、混じりけのない透き通ったやさしい味。上品な甘さでとても気に入っています。

ラベルもかわいい
ラベルもかわいい

作っているのは「光浦醸造」という山口県にある小さな製造所。味噌や醤油などの調味料を作っている、慶応元年創業の老舗です。

もともと、光浦醸造の「ひよこ豆みそ」(702円)を食べたら美味しい上に、パッケージもかわいくてお気に入りだったのです!

「ひよこ豆みそ」702円
「ひよこ豆みそ」702円

さぞかし、他の調味料も美味しいだろう、と思っていたところに出合ったのが「まほうだし」でした。大好きな『スーパーオオゼキ 下北沢店』で常設されているのも、うれしい限りです。

次のページ
我が家の「まほうだし」活用法...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...